相続全般

日進市・長久手市で相続相談【遺言執行者選任の申立】





日進市・長久手市にお住まいのお客様へ相続手続き・遺言・遺産分割についてのご案内です。

日進市・長久手市の相続手続き・遺言・遺産分割の相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです

相続の無料電話相談もオススメです。


本日は「遺言執行者」についてご紹介します。
聞きなれない言葉ですが、こちらを説明する前に、相続登記の基本事項をおさらいしてみます。

【前提として、被相続人A、相続人として配偶者のB、AB間の子のC、Cの子のDがいる場合で考えてみます。】

●ケース① Aが遺言を残していなかった場合
この場合、法定相続分(B2分の1、C2分の1)又は遺産分割協議で決めた相続分でB、Cに「相続」による登記をします。このとき、申請方式は単独申請というものであり、BとCの関与のみで登記申請できます。

●ケース② Aが遺言(Cに全てを相続させる)を残していた場合
この場合、遺言の内容どおりに「相続」による登記をします。このとき、登記申請はCのみですることができます。

問題となるのは次のケースです。

●ケース③ Aが遺言(Dに全てを相続させる)を残していた場合
この場合、Dは相続人ではないため、「遺贈」による登記をします。このとき、申請は義務者としてBとC、権利者としてDの3名による申請が必要になります。
このとき、遺産をもらえないB、Cが非協力的だと、Dのみでは登記申請ができないことになります。
(厳密には登記申請をDのみでする方法はありますが、たくさんの時間と労力がかかってしまいます。)

ここでスムーズな解決を図ることができるのが「遺言執行者」の制度です。
「遺言執行者」を選任してある状況であれば、B、Cの関与なしで登記が出来てしまうのです。
詳細はまた次回ご案内します。


日進市・長久手市にお住まいで、相続手続き・遺言・遺産分割の相続相談なら、
信頼と実績の相続あんしんセンターにお任せ下さい。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター