遺産分割協議

名古屋市で遺産分割協議による相続登記【生前贈与・遺産分割】

名古屋市のお客様へ生前贈与・遺産分割についてのご案内です。
名古屋市の生前贈与・遺産分割についての法律相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

相続の無料電話相談もおすすめです。

相続に関連する事項ということで、
遺産分割の話し合いが相続人間でまとまらないときには、
調停や審判といった手続があるということは確認しました。

今回はその内、調停に焦点を当てて確認してみましょう。

遺産分割の調停は基本的に複雑で解決困難なものが多いので、
少しでも円滑に進むように様々な段階があります。

その受付段階の手続について簡単にまとめます。

・申立て時、申立人への事情聴取
 
 事件の受付の段階で家庭裁判所は、申立人に対して実際に事情を伺います。
 補正が可能であればこの段階で補正します。

・照会書の送付

 申立てを受理した後、家庭裁判所は申立人を含めた当事者の全員に対し、
 基本的な事項に関して照会書を送って回答を求めます。

 ここで、ご注意頂きたい点としては、この段階で他の当事者の方にも
 調停の申し立てをした、という事がわかるという事です。

 他の当事者の方にも連絡をしていないと急になんだ?
 ということにもなってしまいかねません。

その後に実際の調停が始まっていくという形です。

調停は話し合いがまとまらない際に利用するとはいっても、
他の相続人の方と歩調を合わしていくという事は
必要になってくるということですね。

法律関係のご相談に関しては複雑な点も多々ありますので、
もし、ご不明な点がありましたら、お気軽に専門家までご相談下さい。

名古屋エリアの生前贈与・遺産分割の相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約

このエントリーをはてなブックマークに追加


※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター