相続放棄(借金相続)

名古屋で相続放棄のご相談【相続手続き・名古屋】

名古屋在住のお客様へ相続放棄・相続手続きのご相談のご案内です。

名古屋の相続放棄・相続手続きのご相談なら、
名古屋中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターにお任せ下さい。

電話無料相談もご利用いただけます。


前回より「相続放棄」について基本的な確認をしておりますが、
今回は、相続放棄と登記について確認していきましょう。

相続の放棄をした者は、

相続開始時にさかのぼって相続開始がなかった時と同じ地位におかれます。

この効力は絶対的なものになりまして、
誰に対しても、登記なくしてその効力を生じる、ということです。

よって、

①相続放棄を行なった後に、他の相続人が相続の不動産登記を行なう場合

相続人中に相続放棄を行なっていない相続人がいる場合には、
その相続人だけが相続財産である不動産を取得することになります。

②法定相続分での登記を行なった後に、相続人が相続放棄を行なった場合

法定相続分での相続登記は共同相続人の一人からできますし、
共同相続人の債権者(銀行等)が、法定相続分での相続登記を行なう場合があります。

その後、相続人の一部が相続放棄を行なった場合には、
上記の通り、相続放棄をした方は初めから相続人とはならなかったものとみなされますので、
実際は間違った相続登記をしていたということになります。

この場合には「相続の放棄」を原因として、
相続放棄を行なった方から、相続放棄を行なっていない方への登記を行うことになります。


相続放棄をすればそれで全て終わるということではなく、
それによって他の方にどのような影響が出るか、どのような手続きになってくるか、
そこまで確認すべきであるということですね。


このように、「相続放棄」のケースは、様々に専門知識を必要とする場面が出てきます。
実際どのような手続きになるのか等、ご不明点ありましたら、お気軽にご相談ください。

名古屋で相続放棄・相続手続きのご相談なら、
名古屋中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターがおすすめです。


無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター