相続全般

相続放棄のご相談・名古屋【名古屋で相続手続き】

名古屋市にお住まいの方へ相続手続き、相続放棄のご案内です。

名古屋市で相続手続き・相続放棄の相続相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階の相続あんしんセンターにお任せ下さい。

無料電話相談もご活用ください。













本日は、渉外登記(アメリカ国籍の相続人がいる場合)の相続手続きについて簡単に紹介します。

海外に居住している「日本人」の相続手続きについては、海外の日本大使館(日本領事館)で「署名証明書(サイン証明書)」や「在留証明書」を発行してもらうことで、相続手続き行うことが可能です。


一方で、本日のテーマであるアメリカ国籍の相続人がいる場合(例えば、国際結婚等で帰化している場合が考えられます。)は必要となる書類が大きく変わてしまいます。

この場合国籍がアメリカなので、日本の戸籍は発行されません。
また、必要となる書類も相続人が日本国籍でないため、原則として日本大使館(日本領事館)では発行されません。
(※管轄する大使館によって、元日本人であれば発行を受けられる場合もあります。)

ではどのような書類が必要となるのでしょうか。

原則としては、

① 日本戸籍離脱前の最後の除籍
② 帰化証明書
③ 署名証明書(サイン証明書)


の3つがあれば登記手続きができるようです。
(①②で該当者が相続人の資格を満たしていることを確定させ、(戸籍の代わり)③で印鑑証明書の代わりとするという判断でしょう。)

※②については英語表記のため、日本語訳の訳文を添付することが必要です。
※③については、現地の公証人(Notary Public)で遺産分割協議書にサインをし、認証を受けることで、書類としての適格性を満たすことができます。

相続において「海外」が関わってくると、手続きは煩雑となります。
お困りのお客様はお気軽にご相談ください。

名古屋市の相続手続き・相続放棄の相続相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

お気軽にお問い合わせください。







無料法律相談 →  相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 →  相続あんしんセンター面談相談予約





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター