相続全般

共有不動産の2つの大きなデメリット

相続発生時の共有不動産についてのご案内です。

相続の際によくわからないからといって、兄弟姉妹で法定相続分のまま
共有名義の不動産にするというケースがあります。

もちろん、よく検討した上で問題ないと判断して
そのようにするのであれば問題はありません。

しかし、とりあえず相続の手続きとして、
というくらいの気持ちでは後々面倒なことになりかねないリスクを抱えています。

今回はそんな共有不動産のデメリットについて確認しましょう。

①他の共有者全員の同意を得なければ、土地を売却する、
 新しい建物を建築する、既存の家屋を取り壊す等の行為を行う事ができない。

②他の共有者の死亡により、
 持分が次の世代の相続人へと枝分かれし、権利関係が複雑になってしまう。

上記の2点、どちらもかなりのリスクを抱えており、
意見がまとまらず、何もできない、ということにもなりかねません。

可能であれば、生前に共有状態の解消をしていくか、
共有状態にはそもそもしない、ということをしていきましょう。

生前の対策として、遺言生前贈与は良い方法です。

名古屋の相続や遺産分割のご相談なら、
名古屋市|中日ビル8階相続あんしんセンターです。

個別のサポート費用も明朗会計であんしんです。





このエントリーをはてなブックマークに追加


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
アクセス

愛知県名古屋市中区栄 栄ガスビル4階
【お問合わせ・ご質問】
052-269-4010
【個別相談ご予約専用フリーダイヤル】
0120-353-810

詳しくはこちら
〓 相続相談サポート対応エリア 〓 ◆ 愛知県全域◆ ☛名古屋市近郊エリアの小牧市・北名古屋市・春日井市・日進市・長久手市・東郷町・尾張旭市・瀬戸市はもちろん☛尾張名古屋のベッドタウン一宮市・稲沢市・清須市や☛愛知県知多半島沿岸寄りにある地域(半田市・東海市・大府市・豊明市・知多市・武豊町・東浦町・阿久比町や半島先端部の常滑市・美浜町・南知多町)まで出張相談いたします。 ◆名古屋市全域◆ ☛名古屋市の内⇒中区・中村区・東区・西区・千種区・北区・熱田区・中川区は比較的近距離で便利です。 ☛名古屋市の内⇒緑区及び南区・港区の湾岸エリアの地域から☛瑞穂区・昭和区・天白区・名東区・守山区の内陸部エリアの方まで名古屋全域16区のお客様すべてに対応いたします。 なお代表司法書士の実家のある◆西三河エリア◆碧南市・高浜市・西尾市・刈谷市・知立市・岡崎市への出張相談にも万全で対応いたします。
お問い合わせ

0120-353-810

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。