相続全般

起こりやすい相続トラブルのご紹介とその対策

親の財産は自宅の土地建物のみで、
現預金は少ししかない、そういったケースは実情かなり多いです。

こういったケースでよく起こるトラブルを事例を挙げて確認しましょう。

(事例)

親と同居し、長年介護をしていた長男A、
長男の手伝いは一切してこなかった二男Bの2人が相続人のケース。

自宅は長男Aが住んでいるため、それを売却するのは困難、
加えて遺産の現金はほとんどない状況です。

そんな中、二男Bはもらえるものは欲しいということで、
法定相続分で相続したいと主張してきます。

長男Aとしては長年の介護、金銭も含めて、
二男Bは何もしてないのにこういうときだけ、、、、
という割り切れない感情はどうしても感じてしまいます。

こういったところからトラブルに発展していってしまうのです。

この場合、基本的には、

①不動産を共有名義にする
②不動産を売却してその現金を分ける
③不動産は長男が相続するが、次男にその分の現金を支払う

という方法から検討することになります。
③が一番現実的な方法になりますが、長男Aとしては
割が合わない思いを消し去る事はできません。

実は上記の様に、現金が無く遺産が不動産のみ、
というケースはトラブルになりやすいのです。

どのような分割方法にしていくか等の対策が必要になってくるでしょう。
親さんの方で何か対策をしておくという方法もあります。

何をどうしたら良いのか、そんな疑問にも丁寧にご対応致しますので、
一度相続の専門家までお問い合わせください。

相続お手続きの全般の費用も明確です。




このエントリーをはてなブックマークに追加


※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター