借金の相続

相続放棄Q&A

名古屋市にお住まいの方へ相続放棄のご案内です。
ご不明な点ありましたら当事務所の無料電話相談もご活用ください。

今回は相続放棄についてよくある質問を確認してみましょう。

・親族に相続放棄を反対されていますができますか?

他の親族が反対していても、相続放棄を申し立てること自体は可能です。
しかし、相続放棄を申し立てると、何らかの形で他の親族へ影響が及ぶことがあります。

その影響は、相続の割合が変わることであったり、
本来は相続人でなかった方が繰り上がって相続人になったりすることです。

そういった点を考えて、相続放棄を申し立てるかどうかは、
その方自身が考えるべきことですので、
他の相続人の反対によって、相続放棄が出来ないということはありません。


相続放棄すると戸籍に載りますか?

相続放棄をしても、戸籍には何の記載もされません。

相続放棄をしているかどうかは、
裁判所へ照会をすることで、確認が可能ですが、
相続人や、債権者などの利害関係人に限られます。


先順位の相続人が相続放棄をしたかどうか調べることはできますか?

ご自身より先順位の相続人の相続放棄の有無を調査することは可能です。
上記の通り、利害関係があるから調査することができるということですね。

他の相続人の動向により、
ご自身が相続人になる可能性がある場合には、
先順位の相続人が相続放棄を行ったかどうかを調べることが可能です。

以上の様に相続放棄につきましては事前に押さえるべき
ポイントがありますので、メリットデメリットよく確認して進めていきたいですね。

相続放棄、相続相談のご相談なら、
名古屋|中日ビル8階相続あんしんセンターです。

相続放棄の費用も明確であんしんです。お気軽にお問い合わせください。




このエントリーをはてなブックマークに追加


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター