遺言

【紛失・改ざん対策】おすすめの公正証書遺言

「失敗しない遺言のポイント」について、
前回の記事で確認しました。

今回はその遺言の中でおすすめの公正証書遺言について確認します。




公正証書遺言は、最も確実で安全な遺言の方法です。

公正証書遺言は法務大臣から任命された法律文書作成の専門家である公証人が、
遺言者の口述をもとに遺言書を作成し、その原本を公証人が保管します。

その流れは

①遺言内容を決める
 ※漏れの無いように専門家のアドバイスを受けるとあんしんです。

②証人2人の立会を用意する
 ※相続人となる方や財産をもらう人は証人になれませんのでご注意ください。

③遺言者が遺言の趣旨を公証人に口述する
 ※遺言書の意思能力が必須ですので、認知症等の症状があると作成は難しくなります。

④公証人が筆記で作成し、
 遺言者と証人に読み聞かせ、各自署名捺印する。

このように自筆証書遺言と比較して、
手続きも面倒ではありますが、
紛失の恐れも無く、相続時の裁判所での検認も不要と、
遺言の方式としては最も確実であんしんできるものとなっているのです。

各家庭によって最適な方法も変わってきます。
一度相続の専門家にしっかりと確認することがおすすめです。
名古屋|中日ビル8階相続あんしんセンターにお任せ下さい。

遺言についての総合的なサポートの料金、費用もリーズナブルであんしんです。




このエントリーをはてなブックマークに追加


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター