遺言

生前対策としての遺言書作成のタイミング【相続・名古屋・尾張旭】

名古屋の相続あんしんサロンより
名古屋・尾張旭市近郊のお客様へ、遺言の作成タイミングについてのご案内です。

前回、遺言書について作成内容のポイントを確認しました。
今回はそんな遺言書を一体いつのタイミングで作成すると良いのか、確認していきます。

遺言書を作成しておくと良い、ということは
昨今の報道や広告等でよく聞く事かもしれません。
実際、適切な遺言書の有無で後の相続お手続きのスムーズさが段違いです。

まず、大前提として、遺言書は遺言を残す方に遺言能力があることが必要です。
認知症などで判断能力は無いと作成できなくなってしまうので、
ご自身で、財産管理ができる状況の内に作成することがおすすめです。

もちろん、「作ろうと思ったときに作成する」というのが良いですが、
具体的なタイミングとしては相続人の構成や資産状況の変化があった時が一般的です。

例えば、

①結婚した時
②こどもが生まれた時(養子縁組をされた時)
③資産状況が大きく変化した時(自宅購入等)
④離婚した時
⑤定年退職した時
⑥遺産を譲りたい人がいる時(内縁の方やお世話になった人等)

以上のように遺言書は作成できるときになるべく早く作成すべきですが、
いわゆる人生の各ライフステージ上で作成するというタイミングがおすすめです。

各段階で遺言の内容も変化していきますので、
一度専門家にご相談して、残された方々に本当に意味のある遺言書を作成しましょう。

名古屋・尾張旭市近郊のお客様で実際どのような手続きになるのか、
ご不明点や疑問点ありましたら、相続の専門家、相続あんしんサロンにお任せ下さい。

名古屋|栄ガスビル4階にてお待ちしております。

遺言についての個別サポートの料金・費用関係はこちらをご確認下さい。




このエントリーをはてなブックマークに追加


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター