預貯金等の名義変更

ゆうちょ銀行の預貯金解約・名義変更【名古屋で相続手続き】

名古屋にお住まいの方へ、相続手続き(ゆうちょ銀行の預貯金解約・名義変更)についてのご案内です。

名古屋の相続手続き・預貯金解約のご相談なら、
名古屋中区栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料電話相談もご利用ください。











今回は、相続手続きの中から
【ゆうちょ銀行】の相続手続き(預貯金解約・名義変更)についてご案内します。
(2013.11.27時点)


ゆうちょ銀行】の手続きは大きく分けて3段階あります。

1.口座照会
2.残高証明・取引履歴の取得(遺産分割協議の前段階)
3.貯金口座の解約・払戻(又は名義変更)


1,2,3についてどの段階についても、故人が口座を所有している支店以外の窓口でも受付してもらうことができます。
(※最寄りの支店で可)


1.「口座照会」

残高証明や解約手続きを進める前に、被相続人がそもそもどういった種類の資産をお持ちなのかを確認する必要があるため、お持ちの資産の詳細がわからない方は「口座照会」をする必要があります。

【必要書類・持参物】
① 被相続人の死亡がわかる除籍謄本
② 相続人の戸籍謄本(被相続人との関係がわかるもの)
③ 相続人の印鑑
④ 申請書(窓口で頂ける)
⑤ 本人確認書類(免許証等)


2.「残高照会・取引履歴」

【必要書類・持参物】
① 被相続人の死亡がわかる除籍謄本
② 相続人の戸籍謄本(被相続人との関係がわかるもの)
③ 口座名義人の通帳
④ 相続人の印鑑
⑤ 申請書(窓口で頂ける)
⑥ 本人確認書類(免許証等)


※注意
上記1,2の手続きは同時には行えず、口座照会→残高照会の順に行う必要があります。
(※残高証明書請求の際に、口座照会で確認した資産情報を記載する必要があります。)
手続き後、書面が郵送されます。


3.【解約手続き・払戻(名義変更)】

解約・払戻手続きは以下の3つのステップが必要になります。

(1)まずは「相続確認表」を記入して提出します。(※押印の必要はありません。)
「相続確認表」は窓口でもらう他、ゆうちょ銀行のホームページからもダウンロードできます。

(2)記入した「相続確認表」を窓口に提出したら、相続手続きに必要な書類が「貯金事務センター」より郵送されてきます。
それらの書類一式に記入して、以下の書類を窓口に提出します。

① 被相続人の出生~死亡までの戸籍謄本・除籍謄本
② 相続人全員の印鑑証明書(6か月以内)
③ 口座名義人(故人)の通帳・キャッシュカード等
④ 郵送された書類一式
⑤ 本人確認書類

(3)申請後、「貯金事務センター」より「払戻証書」が郵送されてきます。

① 払戻証書
② 本人確認書類
③ 印鑑

を持って窓口に行き、払戻証書と引換えに現金を受け取ることで手続きが完了します。
(※指定口座への振込手続きではなく、現金受領となるのがゆうちょ銀行の特徴です。)


また、その他かんぽ保険などの手続きは別途必要になるので注意が必要です。


必要書類は、相続の形(例:遺言による相続など)によって少しずつ相違があります。
手続きをされる際は、まずは窓口に行く前に銀行に問い合わせて必要な書類等を確認をするのが、手間をできるだけ減らすコツです。

相続手続きや預貯金解約・名義変更は、専門的な書類や用語も多く、とても煩雑な手続きです。(銀行窓口への訪問も、1回2回では済まないことも多々あります。)
手間暇やコストを考えた場合、専門家に依頼するのも有効な方法です。


預貯金解約・名義変更でお困りの際はお気軽にご連絡ください。

名古屋での相続手続き・預貯金解約(名義変更)のご相談なら、
名古屋中区栄中日ビル8階の相続あんしんセンターにお任せ下さい。








無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

三井住友銀行の預貯金解約・名義変更【名古屋で相続手続き】

名古屋にお住まいの方へ、相続手続き(三井住友銀行の預貯金解約・名義変更)についてのご案内です。

名古屋の相続手続き・預貯金解約のご相談なら、
名古屋中区栄中日ビル8階の相続あんしんセンターにお任せ下さい。

無料電話相談もおすすめです。










今回は、相続手続きの中から、
【三井住友銀行】の相続手続き(預金解約・名義変更)についてご案内します。
(2013.11.25時点)

金融機関の手続きは大きく分けて2段階あります。

1.残高証明・取引履歴の取得(遺産分割協議の前段階)
2.預金口座の解約(又は名義変更)


上記1<残高証明書・取引履歴の取得>について


【申請場所】
故人が口座を所有している銀行支店以外の窓口でも受付してもらうことができます。
(※最寄りの支店で可)

【必要書類、持参物】
① 被相続人の死亡時の除籍謄本
② 相続人の戸籍謄本
③ 相続人の実印及び印鑑証明書(6か月以内)
④ 残高証明の申請書(窓口に有)
⑤ 本人確認書類(免許証等)


上記2<預金口座の解約(又は名義変更)>について

【申請場所】
故人が口座を所有している銀行支店以外の窓口でも受付してもらうことができます。
(※最寄りの支店で可)

【必要書類、持参物】
① 被相続人の出生~死亡までの戸籍謄本・除籍謄本
② 相続人全員の戸籍謄本(1年以内)
③ 相続人全員の印鑑証明書(3か月以内)
④ 口座名義人(故人)の通帳・キャッシュカード等
⑤ 依頼書
⑥ 相続人確認書
⑦ 遺産分割協議書

※上記⑤⑥は窓口に行く前に記入する必要があります。


※注意事項
各申請書には、取得する相続人の自署・実印での押印の必要があること。

●「遺産分割協議書」において【三井住友銀行】の預金口座及びそれを相続する相続人が特定されていない場合には、相続人全員の自署・実印での押印が必要となること。
(※遺産分割協議書で特定されている場合は、相続する相続人のみの自署・実印での押印で可)


必要書類は、相続の形(例:遺言による相続など)によって少しずつ相違があります。
手続きをされる際は、まずは窓口に行く前に銀行に問い合わせて必要な書類等を確認をするのが、手間をできるだけ減らすコツです。

相続手続きや預貯金解約・名義変更は、専門的な書類や用語も多く、とても煩雑な手続きです。(銀行窓口への訪問も、1回2回では済まないことも多々あります。)
手間暇やコストを考えた場合、専門家に依頼するのも有効な方法です。


預貯金解約・名義変更でお困りの際はお気軽にご連絡ください。

名古屋での相続手続き・預貯金解約(名義変更)のご相談なら、
名古屋中区栄中日ビル8階の相続あんしんセンターにお任せ下さい。





無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

三菱東京UFJ銀行の預貯金解約・名義変更【名古屋で相続手続き】

名古屋にお住まいの方へ、相続手続き(三菱東京UFJ銀行の預貯金解約・名義変更)についてのご案内です。

名古屋の相続手続き・預貯金解約のご相談なら、
名古屋中区栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです

無料電話相談もご活用ください。










今回は、相続手続きの中から、
【三菱東京UFJ銀行】の相続手続き(預金解約・名義変更)についてご案内します。
(2013.11.18時点)

金融機関の手続きは大きく分けて2段階あります。

1.残高証明・取引履歴の取得(遺産分割協議の前段階)
2.預金口座の解約(又は名義変更)



上記1<残高証明書・取引履歴の取得>について

【申請場所】
故人が口座を所有している銀行支店以外の窓口でも受付してもらうことができます。
(最寄りの支店で可)
※ただし、受取に関しては、口座所有支店でないとできません。郵送であれば可。 

【必要書類、持参物】
① 被相続人の死亡時の除籍謄本
② 相続人の戸籍謄本
③ 相続人の実印及び印鑑証明書(6か月以内)
④ 残高証明及び取引履歴の申請書(窓口に有)
 ※口座を所有する支店数と同じ枚数の申請書を提出する必要があります。
⑤ 本人確認書類(免許証等)


上記2<預金口座の解約(又は名義変更)>について

【申請場所】
故人が口座を所有している銀行支店以外の窓口でも受付してもらうことができます。
(※最寄りの支店で可)

【必要書類、持参物】
① 被相続人の出生~死亡までの戸籍謄本・除籍謄本
② 相続人全員の戸籍謄本
③ 相続人全員の印鑑証明書(6か月以内)
 (※借入がある場合は3か月以内)
④ 口座名義人(故人)の通帳・キャッシュカード等
⑤ 相続届
 (※口座を所有する支店数と同じ枚数の相続届を提出する必要があります。)
⑥ 遺産分割協議書

※上記⑤は窓口に行く前に記入する必要があります。


※注意事項
●各申請書には、取得する相続人の自署・実印での押印の必要があること。

●「遺産分割協議書」において【三菱東京UFJ銀行】の預金口座及びそれを相続する相続人が特定されていない場合には、相続人全員の自署・実印での押印が必要となること。
(※遺産分割協議書で特定されている場合は、相続する相続人のみの自署・実印での押印で可)


必要書類は、相続の形(例:遺言による相続など)によって少しずつ相違があります。
手続きをされる際は、まずは窓口に行く前に銀行に問い合わせて必要な書類等を確認をするのが、手間をできるだけ減らすコツです。

相続手続きや預貯金解約・名義変更は、専門的な書類や用語も多く、とても煩雑な手続きです。(銀行窓口への訪問も、1回2回では済まないことも多々あります。)
手間暇やコストを考えた場合、専門家に依頼するのも有効な方法です。


預貯金解約・名義変更でお困りの際はお気軽にご連絡ください。

名古屋での相続手続き・預貯金解約(名義変更)のご相談なら、
名古屋中区栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです





無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

春日井市、高蔵寺で預貯金解約・名義変更【春日井駅、高蔵寺駅周辺で終活の相続相談】

春日井市エリア、高蔵寺の方へ相続登記と預貯金・株式の名義変更・解約手続きについてのご案内です。

春日井駅、高蔵寺駅周辺での相続相談(相続登記、預貯金の名義変更解約など)の無料相談会開催中です。
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンター電話無料相談をどうぞご利用下さい。






10月末発売の経済紙の特集が「終活」でした。

相続の総論から相続税、エンディングノートやお墓についてまとめられており、
「相続」は、非常に関心が高くなっているんだと改めて認識させられました。

さて、今回のテーマは「預貯金の解約」についてです。

「預貯金の解約」は非常に手間がかかる手続きであるといえます。
理由としては、各金融機関によって窓口、対応方法がマチマチであることが挙げられます。

また、手続きとしては、遺産分割前と遺産分割後の2回、銀行とやり取りする必要があるケースが多いです。

【 具体例 】
・遺産分割前 → 口座の凍結、残高証明の発行、取引履歴の発行等
・遺産分割後 → 口座の解約

この際、必要な書類や申請書は各金融機関によって様々です。
経験上、電話で問い合わせしたセンターと、提出する窓口の話が違うということも一定数あります。

センターに問い合わせて確認したはずなのに、窓口では書類が足りないと言われまた来なければ...面倒くさい...

なんてことがあるわけです。


このように煩雑な手続きも、我々のような専門家が間に入ることで、二度手間なくスムーズに行うことができます。

春日井市、高蔵寺で相続相談(相続登記、預貯金の名義変更・解約)についてお気軽に電話無料相談をご利用下さい。
春日井駅、高蔵寺駅周辺での終活の無料相談会も開催中!

信頼と実績の名古屋市中区栄中日ビル8階の相続あんしんセンター
052-269-4010





≪春日井、高蔵寺の相続手続き関連公的機関≫

【春日井市役所】


【高蔵寺出張所】

【春日井法務局】


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター