相続税

孫への贈与について【相続税・贈与税】

「みなし相続財産」について、
前回の記事で注意点等確認しました。

今回は孫への贈与という観点からの相続対策を確認します。


死亡の3年前に贈与を受けた財産については相続税がかかります。
慌てて生前贈与をしても、結局相続財産扱いとなってしまうということでしたね。

しかし、この加算は相続人でない者への贈与については加算されません。
つまり相続人ではない孫へ贈与することで、将来の相続財産を減らすという方法があります。

また、孫に財産が移ると、父から子、子から孫へと
代々遺産が相続される中で、子から孫への相続も減らすことができます。

相続税と贈与税のバランスや一家の将来設計等、
様々な要因の中でより良い方法を選択していけたら良いですね。

各家族によって最適な方法も変わってきます。
一度税理士等の専門家にしっかりと確認することがおすすめです。

次の世代、さらにその先のことまで見据えて検討するためにも、
資産税に強い税理士、相続の専門家・相続あんしんセンターにお任せ下さい。

相続についての総合的なサポートの料金、費用もリーズナブルであんしんです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

みなし相続財産にご注意【退職金・生命保険金】

「相続財産」や「みなし相続財産」について、
有る程度見聞きしたことはあると思います。

今回は相続税申告の際の相続財産について確認しましょう。

財産を持っている方が亡くなった場合、
その方が持っていた財産が遺産分割の対象となります。
これが「相続財産」と呼ばれるものです。

一方「みなし相続財産」とは、
亡くなった日には財産としてもっていなかったけれども、
死亡を原因として、相続人がもらえる財産のことです。

このみなし相続財産は産分割の対象外となりますが、
相続税の申告の際には相続財産として申告が必要となります。

このみなし財産の代表例が死亡保険金と死亡退職金です。

生命保険金も退職金も生前に持っていた財産ではありませんが、
死亡を原因として給付を受けるものということですね。

他にも、「被相続人が死亡する前の3年間で贈与された財産」や
「弔慰金」は、みなし相続財産として相続税の課税対象です。

特に生前贈与については、亡くなる前に急いで対策をしたと思っていても、
それが相続税課税の対象となってしまうのであれば、
あまり意味を成さない事となってしまうので、注意が必要です。

以上の様に、ただうわべだけの知識では対策をしても、
付け焼き刃になってしまうというケースがあり得ます。

次の世代、さらにその先のことまで見据えて検討するためにも、
資産税に強い税理士、相続の専門家・相続あんしんセンターにご確認することが大切です。

相続についての総合的なサポートの料金、費用もリーズナブルかつ明瞭です。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター