生前贈与

名古屋エリアで生前贈与【生前贈与・相続手続き】

名古屋エリアのお客様へ生前贈与・相続手続きについてのご案内です。
名古屋エリアの生前贈与・相続手続きについての法律相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

相続の無料電話相談もおすすめです。

相続対策で贈与、遺言等を有効活用していく、
ということについて確認してきましたが、

今回は贈与の活用方法について簡単にまとめてみましょう。

「いつ」
・一度に贈与せず、長期間かけて計画的に贈与する

「だれに」
・ひとりでなく数人に分けて贈与する
・後継者となる孫に贈与する

「なにを」
・現金よりも評価額が下がるものを優先する
 (ゴルフ会員権や土地建物)
・換金性のない自社株式を贈与する

「どれだけ」
・110万円の基礎控除にこだわらず、相続財産に応した額を贈与する
・評価額の大きい土地等は持分で贈与する

「どのように」
・自社株式はまず評価を下げた後に贈与する
・借入金とセットする負担付き贈与も検討する

代表的なポイントは以上のようです。

また、個人の方の家族構成や、保有している財産状況によって、
最適な方法は変化してきますので、よくよく確認する様にしてくださいね。

相続や贈与については、様々な法律知識が必要になってくる場面も多いと思いますので、
もし、ご不明な点がありましたら、お気軽に専門家までご相談下さい。

名古屋エリアの生前贈与・相続手続きの相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

名古屋エリアで生前贈与【生前贈与・相続手続き】

名古屋エリアのお客様へ生前贈与・相続手続きについてのご案内です。
名古屋エリアの生前贈与・相続手続きについての法律相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。


相続の無料電話相談もおすすめです。


相続税を抑えるためには、
いかにして相続財産を減らすかがポイントになってきます。

そのような際に、贈与というものを効果的に利用する、ということでしたね。

t前回は贈与税がかかると認識していなくても、
かかってしまう代表的な例をご紹介しました。

今回は逆に、贈与税がかからないものについて確認しましょう。


・香典・結婚祝金・見舞金等   社会通念上相当と認められるもの

・生活費・教育費          扶養義務者から贈与されたもの

・離婚時の財産分与       社会通念上相当認められるもの

・奨学金              特定の公益信託などから交付された学術奨励金や学資など

・法人からの贈与         贈与税とはならないが、一時所得となります


以上、一般的なものにつきましては、上記の様になります。

どれも生活に必要なものである印象が強い事項について、
該当しているケースが多いのではないでしょうか。

どのような場合が贈与にならないか、
事前に知った上で、スムーズなお手続きがしたいですね。

相続については、様々な法律知識が必要になってくる場面も多いと思いますので、
もし、ご不明な点がありましたら、お気軽に相続の専門家までご相談下さい。

名古屋エリアの生前贈与・相続手続きの相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

名古屋エリアで生前贈与【生前贈与・相続手続き】

名古屋エリアのお客様へ生前贈与・相続手続きについてのご案内です。
名古屋エリアの生前贈与・相続手続きについての法律相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。


相続の無料電話相談もおすすめです。


相続税を抑えるためには、
いかにして相続財産を減らすかがポイントになってきます。

そのような際に、贈与というものを効果的に利用できるとよいですね。

贈与税の基本的なしくみ

贈与は「あげます」「もらいます」といった契約に基づいて、
財産などが無償で移転することをいいます。

贈与税は、個人間のこうした財産の移転すべてに対して、
贈与を受けた人に課税される税金です。

一般的に相続税の税率よりも高い
ということにはご注意ください。

また、本人は贈与と認識していなくても贈与とみなされ、
贈与税がかかるケースもあります。

例えば、、、、

・財産の低額譲渡
・保険金(保険料を負担していない者が保険金を受け取った時等)
・債務の免除

等が挙げられます。

どのような場合が贈与になるか、そうではないか、
丁寧に調べてから、スムーズなお手続きがしたいですね。

相続については、様々な法律知識が必要になってくる場面も多いと思いますので、
もし、ご不明な点がありましたら、お気軽に相続の専門家までご相談下さい。

名古屋エリアの生前贈与・相続手続きの相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター