生前贈与

名古屋で生前贈与による相続対策【相続対策・生前贈与】

名古屋市のお客様へ遺産分割・生前贈与のご案内です。
名古屋市の遺産分割・生前贈与の法律相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

相続の無料電話相談もおすすめです。

前回は相続対策のおおまかな点について確認しましたが、
今回は贈与の活用方法について簡単にまとめてみましょう。

「いつ」
・一度に贈与せず、長期間かけて計画的に贈与する

「だれに」
・ひとりでなく数人に分けて贈与する
・後継者となる孫に贈与する

「なにを」
・現金よりも評価額が下がるものを優先する
 (ゴルフ会員権や土地建物)
・換金性のない自社株式を贈与する

「どれだけ」
・110万円の基礎控除にこだわらず、相続財産に応した額を贈与する
・評価額の大きい土地等は持分で贈与する

「どのように」
・自社株式はまず評価を下げた後に贈与する
・借入金とセットする負担付き贈与も検討する

代表的なポイントは以上のようです。

また、個人の方の家族構成や、保有している財産状況によって、
最適な方法は変化してきますので、よくよく確認する様にしてくださいね。

以上の様な知識は知っておいて損はありません。

法律関係のご相談に関しては複雑な点も多々ありますので、
もし、ご不明な点がありましたら、お気軽に専門家までご相談下さい。

名古屋エリアの遺産分割・生前贈与の相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

名古屋で生前贈与による相続対策【相続対策・生前贈与】

名古屋市のお客様へ遺産分割・生前贈与のご相談のご案内です。
名古屋市の遺産分割・生前贈与の法律相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

相続の無料電話相談もおすすめです。

前回は相続対策のおおまかな点について確認しましたが、
今回は生前贈与の活用の仕方の一例について確認しましょう。

贈与を検討している場合、、、

「孫」への贈与ということにも着目してみましょう。

もし、孫に直接相続したとすると、
本来子が相続すべき財産を、直接孫が取得することとなります。

これをすることにより、相続税が1回とぶことになりますので、うまく活用すれば得になります。

実際何を贈与するか、ということになりますと、

例えば会社経営者さまの場合、自社株を贈与するのがおすすめです。
1株あたりの金額が少ないので、贈与しやすいことでしょう。

他にも、預金や不動産等は一般的なものになりますね。

上記の様に、いろいろと贈与の活用の方法はあるということですね。

よって、何か良い方法を、、、、
と考えていらっしゃる方は一度生前贈与という選択肢も検討下さいませ。

法律関係のご相談に関しては複雑な点も多々ありますので、
もし、ご不明な点がありましたら、お気軽に専門家までご相談下さい。

名古屋エリアの遺産分割・生前贈与の相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

名古屋で生前贈与による相続対策【相続対策・生前贈与】

名古屋市のお客様へ遺産分割・生前贈与のご案内です。
名古屋市の遺産分割・生前贈与の法律相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

相続の無料電話相談もおすすめです。

前回は相続対策のおおまかな点について確認しましたが、
今回は贈与における課税制度について確認してみましょう。

相続時精算課税制度というものがあります。

これは原則として60歳以上の父母又は祖父母から、
20歳以上の推定相続人である子又は孫に対し、
財産を贈与した場合において選択できる贈与税の制度です。

110万円までの控除があるという暦年課税制度とは違います。

適用対象者は、

贈与者は贈与をした年の1月1日において60歳以上の父母又は祖父母、
受贈者は贈与を受けた年の1月1日において20歳以上の者のうち、贈与者の推定相続人である子又は孫とされています。

贈与税額の計算は、

累積で2,500万円までの特別控除。
年間110万円の基礎控除(暦年課税制度)は適用不可となるのでご注意ください。

そして相続時に贈与時の時価で計算され、相続財産に加算されるのです。

この制度の特徴として、

将来値上がりが予想される財産を
お持ちの場合にはメリットが大きくなるということがわかりますね。

そして、この課税制度の選択には、
安易な選択は厳禁で、慎重な検討が必要になるという点を意識してください。

ご参考

当事務所HP
http://www.hattori-legal-office.net/cat4579//

国税庁HP
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

法律関係のご相談に関しては複雑な点も多々ありますので、
もし、ご不明な点がありましたら、お気軽に専門家までご相談下さい。

名古屋エリアの遺産分割・生前贈与の相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

名古屋市で相続対策としての生前贈与【相続対策・生前贈与】

名古屋市のお客様へ相続対策・生前贈与のご案内です。
名古屋市の相続対策・生前贈与の法律相談なら、
名古屋栄ガスビル4階の相続あんしんサロンです。

相続の電話無料相談もおすすめです。

前回は代表的な相続対策としての生前贈与について述べましたが、
今回は贈与契約そのものについての概要を確認しましょう。

贈与契約は贈与者(あげる人)が受贈者(もらう人)に対して、財産をあげますと言い、
さらに、受贈者がその財産を、もらいます、と合意したときに成立する契約です。

このことから、受贈者にはもらうことへの
価値判断基準が必要です。(だいたい中学生以上)

そして、重要なポイントとなってくることとして、
個人間についての贈与には贈与税がかかります。

そしてこの贈与税は、相続税の回避を補完するための
税金ですから税率は相続税よりもかなり高く設定されています。

※ご参考
国税庁の贈与税のHP
https://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/sozoku-zoyo.htm

当事務所の贈与税の解説HP
http://www.hattori-legal-office.net/cat4579//

ここで、ポイントとなってくるのが、
贈与税の暦年課税という方式には1年110万円の基礎控除があります。

ですので、この範囲内で長期間にわたって贈与をしていくことで
かなり大きな効果を得ることが可能ということがわかりますね。

こういった対策をしている方と全く対策をしない方では
税金や円滑な承継という点においても差が出てきますので、

やはり少しずつでも、関心を向けていくことは大切ですね。
 
法律関係のご相談に関しては複雑な点も多々ありますので、
もし、ご不明な点がありましたら、お気軽に専門家までご相談下さい。

名古屋市エリアの相続対策・生前贈与の相続相談なら、
名古屋市中区栄ガスビル4階の相続あんしんサロンがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんサロン無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんサロン面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

名古屋で生前贈与による相続対策【相続対策・生前贈与】

名古屋市のお客様へ遺産分割・生前贈与のご案内です。
名古屋市の遺産分割・生前贈与の法律相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

相続の無料電話相談もおすすめです。

前回は相続対策の大切さについて述べましたが、
今回はその対策の中でも、代表的な贈与による対策を確認してみましょう。

①いつ
 一度にまとめて贈与すると税率が高くなりますから、
 長期間かけて計画的に分割して贈与します。

②だれに
 一人だけでなく、数人に分けて贈与します。
 後継者となる孫に贈与するという方法もあります。

③なにを
 現金は評価がそのままになりますので、それよりも評価額が下がるものを
 優先して贈与します。(例:ゴルフ会員権、土地建物等)
 会社経営者様の場合、換金性のない自社株式の贈与を計画的に進めることは有用です。

④どれだけ
 110万円の基礎控除額にこだわらず、財産に応じた納税範囲額を
 贈与することが大切です。
 また、評価額の大きい土地や建物は半分の持分づつ贈与することも可能です。

この他にも、その時々の税制にて様々な制度を利用できる場合がありますので、
そのような制度は必ずチェックすることが必要です。

贈与による対策につきましては、
計画的なプランを実行することが非常に重要になってきますので、
現状や今後についてしっかり確認して進めていきたいですね。
 
法律関係のご相談に関しては複雑な点も多々ありますので、
もし、ご不明な点がありましたら、お気軽に専門家までご相談下さい。

名古屋エリアの遺産分割・生前贈与の相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター