相続全般

春日井市で相続手続き【遺産分割・相続登記】




春日井市在住のお客様へ相続手続き・遺産分割・相続登記についてのご案内です。

春日井市の相続手続き・遺産分割・相続登記の法律相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

相続の無料電話相談もおすすめです。


今回のテーマは、相続人調査(相続人の範囲の確定)です。
「連れ子は相続人になれるのか?」という事について確認していきましょう。

被相続人の方が亡くなられた場合、
まず相続人として考えられるのが配偶者と子になります。

では、子が配偶者の方の連れ子だった場合はどうなるでしょうか。

 【例】  妻Aは前夫との間の子Bを連れて夫Xと再婚した。
      夫Xが死亡後、血のつながりがない子Bは相続人となることはできるか。

民法では子は相続の第一順位とされており、これには嫡出子・非嫡出子を問いません。

しかし、本件において子Bは被相続人Xの直接の子ではないので、
法的な親子関係にはあたらず、子Bは夫Xの相続人ではないことになります。

被相続人である夫Xを基準に考えるということですね。

またこのような場合でも、夫Xと子Bが「養子縁組」をしていれば
子Bは夫Xの嫡出子となるので、第一順位の相続人となることができます。


相続人の範囲については複雑になってくる場合があります。
後から漏れていた相続人が出てきた場合に、せっかく整った遺産分割協議をやり直さなければならない、なんてことにもなりかねません。

ご不明な点がございましたら、お気軽に相続の専門家までお問い合わせください。


春日井市で相続手続き・遺産分割・相続登記のご相談なら、
信頼と実績の相続あんしんセンターをおすすめいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター