トップページ > 遺産分割協議

遺産分割協議|分割協議が整わない場合の法律相談

           
                            
                      

話し合いによる遺産分割協議が整わないワケ

                                       
  


相続とは続とは、子供の頃、親兄弟と同じ屋根の下で過ごし、年齢を重ねるにつれ、各々の生活環境(住まいや抱える負担など)が異なることとなり、そのような環境の中で親や兄弟が亡くなると、常日頃は疎遠であったり、コミュニケーションを取っていないような当事者同士でも葬儀や相続手続きのことで顔を合わせる機会が出来るため、それまでの各人の想い(親に対する想いや、人生に対する想いなど)が噴き出す状況になりやすいといえます。



各相続人の想い考えは必ずしも一致せず、むしろ違って当然と心得ましょう。
例えば、日頃から近くにお互い住んでおり、コミュニケーションも欠かしていない当事者同士は、統計的に相続で揉めることが少ないといえます。
一方、常日頃からあまり連絡を取り合っていない、または、疎遠で取っていない、さらには、異母兄弟などのケースのように、まったく会ったこともないし、相手がどんな人なのかもわからない・・・
このようなケースにおいては、疎遠であることに比例して揉めるリスクが高いといえます。
よって、常日頃から推定相続人間でコミュニケーションをたくさん取っておくことが何よりの紛争予防策なのですが、なかなかそうもいかないというのが現代社会の傾向なのでしょう。



代表相続人の立場からすれば、故人の生前の介護看護から、お通夜・葬儀・告別式・49日などなど、関係者への気遣いも含めて、非常に多くの労力を要しクタクタになることが当然の状況です。
また、ようやくたどり着いた相続手続き(遺産分割協議)の場面においては、疲労も困ぱいしており、なかなか他の相続人に対して丁寧な相続手続きの案内ができないことが日常的に起こっています。
いわゆる、遺産目録や各種資料を厳格に詳細まで事前に調査収集し、しっかりと用意し、各相続人に対して、丁重に、かつ、わかりやすく財産を開示し、協議内容を提案し、取りまとめていくということは、とてつもなく大変なことと言えますし、代表相続人自身「なんでそこまでせにゃぁならんのだ・・」と思われる方の方が多いかもしれません。



一方、他の相続人からすれば、故人とある程度の距離はあったといえ、日頃から故人の生前においては、出来る限り顔を出したとか、介護看護を間接的にサポートしたとか、それ相応に尽力してきたという自負があり、遺産分割協議の場面においても、なかなか、本当の意味において、代表相続人の立場に立って考えることが困難な環境に陥りやすく、自分の立場での想いや考えを、悪意なくぶつけるような状況に陥りやすいと言えます。



ですから、上記のとおり、当然、各相続人間での認識にギャップのある状態から、遺産分割協議はスタートすることになりやすく、自分の立場での想いや考えをぶつける限りにおいては、話し合いによる折り合いどころは見えてこないことになります。それでいて、そもそもは、調停や裁判なんかするつもりもなかったのに、ふとしたきっかけで感情的になってしまったことで、後に引くことも出来ず、調停や裁判などの大ごとに発展してしまうことがあるのです。
本当に残念な状況ですし、何よりも故人が天国で悲しんでおられることと思います。
          
                    
そしてここで、疎遠な関係の相続人間での遺産分割協議や、少し揉めそうだなぁと感じる遺産分割協議への対応方法として「ちょっとしたコツ」が技術的に必要となって参ります。   


                                                               
遺産分割協議がまとまらない場合のコツについてご相談下さい。


話し合いによる遺産分割協議が整わない場合は、家庭裁判所での調停・審判を利用することとなりますが、相続あんしんセンターは裁判所を通した手続きをすぐにおすすめはいたしません。

相続人間の話し合いがなかなか整わない理由の1つは、被相続人が亡くなるまでに、長年に渡って各相続人間で積りに積もってきたお互いに対する感情が、相続の開始をきっかけに、表面化する場面が多く見受けられます。
また、遺産分割協議の分割内容が実は公平感を欠いているので、なかなか判を押していただけないようなケースもあるといえるでしょう。そのような場合、まず大切なのは、合意していただけない相続人の言い分にも耳を傾けるということではないでしょうか。
何が原因の本質であるのかを十分に検討し、安易に法的権利の行使だけを考えるのではなく、相続人の皆様が一人残らず幸せとなる解決方法を、ご一緒に考えて行きたいと切に思います。

相続による人の縁は、先祖代々培われてきた風土や、環境の全てにおいて必然的にめぐり合わされたものではないでしょうか。相続争いによる人の縁は、一度切れたら決してもとに戻ることはありません。先代が築いてきたこの縁を絶ってしまうことなく、この遺産相続で何があなたにとって大切であるのかを改めて考えてみてください。


  • 相続争いは、勝っても負けても不幸になります。
     
  • 相続人が取得する財産と幸せは反比例する場合があります。
     
  • 先代が築いてくれた遺産を相続できる感謝の気持ちと譲る心の大切さをもってください。
     
  • 相続は譲った人が必ず幸せになります。振り子の原理がはたらいています。













遺産の分割方法は3種類
                      

遺産分割の方法には、現物分割、代償分割、換価分割の3種類の方法があります。

  • 遺産をそのままの形で分割する方法です。例えば、「Aは甲土地を取得し、Bは乙土地を取得する」、「AはBは甲土地を2分の1ずつ取得する」というような分割方法です。もっとも、この方法だけでは、遺産分割協議が難しくなるため、以下の代償分割と合わせて遺産を分割することが実務上は主流と言えるでしょう。
  • 相続人の1人または数人が遺産を取得し、他の相続人に代償として金銭や財産を交付する遺産分割方法です。例えば、「Aは甲土地を相続する。その代償として、AはBに対して2000万円を支払う。」というような遺産分割分割方法です。この方式が主流であり、一般的にはおすすめと言えるでしょう。
  • 遺産を売却し、その売却代金を各相続人で分ける遺産分割方法です。承継する不動産を活用しないため、すぐに売却するようなケースに適した分割方法と言えます。
                                            
      

遺産分割の流れ
                                    

書類のイメージ

遺産を分割するには、「遺言による分割」、「遺産分割協議による分割」、「調停による分割」、「審判による分割」の4つの手続きを順番に進める必要があります。

1. 遺言による分割
遺言書がある場合は、遺言による分割になります。

                  

2. 遺産分割協議による分割
相続人全員の話し合いによる分割になります。
                

3. 調停による分割
前記の協議が整わない場合は、原則、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てることになります。
           

4. 審判による分割
前記の遺産分割調停が不成立の場合は、審判手続きに移行することとなります。

                                                      


※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター