トップページ > 生前対策と遺言

遺言とは

遺言を残す意味とは?





ごく普通の家族でも相続が起こるとさまざまな問題が発生します。たとえ財産が少なくても、家族仲が良くても、不動産や有価証券などのすべての財産を残された家族で公平に分けることは難しいため、本人の想いを伝える遺言があると家族は安心です。
愛する家族がいつまでも仲良く安心して暮らせるように、あなたの想いを形にして、残しておきましょう。





それは、「相続を争続にしない」ことに尽きます。高齢化社会の到来や権利意識の高まりから相続人同士の争いが激増しているなかで、遺言は正にこれを防止するための方法なのです。

しかし、遺言について一般的に次のような感想をお持ちではないでしょうか。
「遺言を残すほど財産がないから必要ない」
「うちの家族は仲がいいから争いになんかならない」
実際に遺言書についてお話するとき、10人中7~9人の方がこのように答えますが、数多くの相続(争続)の現場を目の当たりにしてきた経験上、これらの考え方は危険と言わざるをえません。

まず、財産の多い少ないは、相続争いが生じる可能性にあまり影響を与えないと言えるでしょう。
財産を相続する場面に出くわしたとき、一般に「いくらの遺産がもらえるのか」と考えるのではなく、「遺産がいくらあって、そのうちのいくらを自分がもらえるのか」と考えるものだからです。何の前提情報もない状況で「あなたが相続する財産は1000万円です」と言われても、納得できるものではありません。それが1億円でも同じです。遺言を残していれば、通常、全財産を明記しますので、各相続人の相続する遺産が明らかになり、「遺産は全部でいくらあるんだ?」という相続人の疑問を解消することができますので、円満な相続になります。

また、現在、相続人同士の仲がいい場合でも、相続をきっかけに感情的な対立が生まれることは珍しくありません。
「私が一人でお母さんの面倒をずっと見てきたのに何で皆と同じ分しかもらえないんだ」
といった感情的な対立から相続争いになることを避けるためにも遺言を残し、さらに遺言を残した理由や相続人に対するメッセージを残しておけば、より相続人の納得性を高めることができますので、結果として争いを避けることができるのです。
特に、次のような類型に該当する場合、争いになる可能性が高いため、遺言を残すことお勧めします。


 相続人同士の仲が悪い場合
会社を経営している場合
内縁関係の夫または妻がいる場合
先夫(妻)、現在の夫(妻)のいずれの間にも子どもがいる場合
経済的に困窮している相続人がいる場合
 

そして、何よりも、家族やお世話になった方々に、自分の最期の思いを伝えられるのが遺言を残す最大の意味ではないでしょうか。遺言は、自分の財産やメッセージを贈ることを通じて、生前お世話になった方への御礼や子どもたちに対する期待、場合によっては生前の過ちに対する謝罪など自分の正直な気持ちを伝えることができる唯一の方法です。

遺言の利点

1.法定相続分とは異なる割合で財産を分配させたい

【メリット】生前の被相続人の気持ちを目に見える形で反映でき、その他の相続人の感情的負担を軽減できる

2.財産の分配を自分自身で予め指定したい

【メリット】相続人の生活状況を事前に考慮した上で配分できる

3.法定相続人でない人に財産を残したい

【メリット】親族以外の第三者に財産を残せる

4.自分が指定した条件を履行したら財産を残したい(負担付遺贈)

【メリット】財産を残す代わりに、履行して欲しい条件がある
※ 負担付遺贈の場合は、条件履行を確実なものとするために「遺言執行者」を予め選任しておくことをお勧めします

5.婚外子の認知をしたい

【メリット】認知をした上で、婚外子と実子の配分割合を同等にすることもできる

6.葬儀方法やお墓について指定したい

→この場合、法的拘束力はありません

遺言の種類

遺言にはいくつか種類がありますが、一般的な遺言は自筆証書遺言と公正証書遺言の2つです。それぞれの長所と短所を理解して、自分の意思が伝わる、自分に合った遺言を作成しましょう。





公正証書遺言 自筆証書遺言
  • 作成者:本人・公証人
  • 作製場所:公証役場
  • 証人:2人以上
  • 署名・押印:本人・証人・公証人
  • 費用:作成手数料が必要
  • 検認:不要
  • 保管:公証役場
  • 作成者:本人
  • 作製場所:どこでも
  • 証人:不要
  • 署名・押印:本人のみ
  • 費用 :無料
  • 検認 :必要
  • 保管 :どこでも


遺言の種類

公正証書遺言

概要:遺言の作成について法律の専門家である公証人が関与する方式です。

メリット デメリット
  • 証人が必要
  • 費用がかかる
  • 死後すぐに遺言の内容を実行できる
  • 原本は公証役場に保管されるため紛失変造の心配がない
  • 証人が必要
  • 費用がかかる
自筆証書遺言

概要:自費で遺言書を作成し、日付、氏名を記入の上、押印する。

メリット デメリット
  • 手軽でいつでもどこでも書ける
  • 費用がかからない
  • 誰にも知られずに作成できる
  • 不明確な内容になりがち
  • 形式の不備で無効になりやすい
  • 紛失や偽造。変造、隠匿のおそれがある
  • 家庭裁判所での検認手続が必要

遺言に家族への感謝の気持ちを託しませんか?




遺言は、本来財産の分け方や祭祀承継社の指定などを行うためのものですが、家族に残す言葉を付け加えることもできます。これを「付言事項」と言います。付言事項に法的な効力はありませんが、例えば長男に多くの財産を残した場合、その理由などを書き添えることで、遺言者の気持ちを理解してもらい、相続人の間のトラブルを防止する助けになります。また、日ごろなかなか口に出して伝えることができない家族への感謝の気持ちを記すことで、愛する家族へのメッセージにもなります。

例 妻へ多くの財産を相続させる理由を伝える


遺言の必要性についてはこちら>>>

遺言作成の流れについてはこちら>>>

遺言サポートの料金についてはこちら>>>

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター