トップページ > 生前対策と遺言 > 遺言作成の流れ

遺言作成の流れ

遺言作成の流れ

遺言を作成する際、まずはじめに行うことは、自分の推定相続人と財産の確認です。相続人と財産内容の把握ができたら、誰にどの財産をどれだけ残すのかを決め、その内容をもとに遺言を作成します。

自筆証書遺言の作成はこちら>>>          公正証書遺言の作成はこちら>>>


 

自筆証書遺言の作成

自筆証書遺言は、自分ひとりで簡単に作成できる手軽な遺言であると同時に、形式不備や内容の曖昧さなどで、後々トラブルになることも多い遺言です。大切な家族を困らせることのないよう、法律に従ってしっかりとした遺言を作成しましょう。


自筆証書遺言の基本ルール 無効になる遺言の例
  • 全文が自書してある
  • 日付・署名・押印がある
  • 書式(縦・横、「遺言」等の表題の有無)は自由
  • 用紙や筆記用具は自由
  • 訂正は民法で定められた方法で行う
  • 日付がスタンプで押されている
  • 訂正箇所に押印がない
  • 代筆で書かれている
  • 録画や録音で作成してある
  • 日付・署名・押印がない
  • 夫婦連名で書かれている


自費筆証書のサンプル

サンプルはこちら
 

公正証書遺言の作成

公正証書遺言は、法律の専門家である公証人によって作成されるため、書式の不備などで無効になる可能性が低く、原本は公証役場で保管されるので、偽造・変造・紛失・隠匿などのおそれがありません。自分の意思を確実に実現するため、そして家族の安心のためにも、公正証書遺言で残しておきましょう。


公正証書遺言の作成費用

公正証書遺言の作成費用は、相続人の人数、相続人の1人あたりの財産額、遺言の枚数に応じて決まります。

公正証書遺言作成費用一覧
財産総額 1人に単独相続 2人に均等相続 3人に均等相続
1,000万円 約28,000円 約33,000円 約44,000円
3,000万円 約34,000円 約57,000円 約62,000円
5,000万円 約40,000円 約57,000円 約80,000円
1億円 約54,000円 約69,000円 約98,000円
3億円 約95,000円 約112,000円 約129,000円
5億円 約139,000円 約164,000円 約207,000円
10億円 約249,000円 約278,000円 約318,000円

※公証人手数料令をもとに計算した概算額の一例です。


遺言サポートについての料金はこちら>>>


※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター