トップページ > 生前対策と家族信託

生前対策としての家族信託|相続あんしんサロン名古屋


  

生前贈与による生前対策のご相談はこちら
 
遺言による生前対策のご相談はこちら

 
  

  □ 万が一認知症になった時の生活が心配、子供に迷惑をかけたくない。

  □ 自分たちが亡くなった後、障がいのある子どもの生活が心配。

  □ 先祖代々の土地が、相続で他家に渡ってしまうのは避けたい。

  □ オーナー社長で資産の大半が自社株のため、相続によって株と
   経営権が分散するのが心配


 

  そのお悩み、名古屋【 栄ガスビル4階 】の相続あんしんサロンが、柔軟な財産管理が
  できる「家族信託」で解決いたします。
 
  また、複雑すぎて委託者や受託者自身が中長期的に管理できないような信託が散見さ
  れますが、そのような信託はおすすめ致しません。まずはご家族や親族の範囲で管理
  コントロールができること
が重要だと相続あんしんサロンは考えています。

  まずはお気軽に電話無料相談を利用いただき不明点をクリアいたしましょう。

           
 

家族信託とは?


家族信託とは


家族信託とは、信頼する家族に財産を託す「家族間で行われる家族のための財産管理」です。
認知症対策や、よりご希望に沿った相続が行える、使い勝手の良い画期的な制度です。

信託を使うことで、存命中に何かあった場合、あなたの財産の管理・処分をご自身が決めた大枠のルールに沿って、ご家族が行ってくれるようになります。また、亡き後の遺産の行く末を、今まで以上にご希望に合わせた形で決めることができます。


「投資信託」や「信託銀行」とは異なり、非営利・無報酬で、ご自身の財産の管理を家族に託す制度です。
   


万が一認知症などを患った場合、判断能力の低下・喪失を理由に、資産が凍結されて預金
    の引き出しができなかったり、不動産の管理や売却ができなくなるリスクがある。
成年後見制度を利用した場合、ご家族の労力的な負担や経済的な負担が増えてしまう。

ご自身が亡くなった後に、障がいのあるお子さんの生活のために財産を残しても、ご本人
    では管理できない。

共有名義になりそうな(なっている)不動産や自社株があると、遺産分割や経営権で揉め
    る可能性が高い。

婚姻関係や親族関係が複雑だと、相続問題で争ったり、二次相続でトラブルになりやすい。


 


特に、認知症問題は人ごとではありません。日本は今、国民の3〜4人に一人が65歳以上で、そのうちの4人に1人が認知症またはその予備軍(軽度認知症)だと言われているからです。そのため、家族信託はこれらの問題の有効な解決策として注目を浴びています。
まずは何なりと、出張相談も可能な栄ガスビル4階の相続あんしんサロンへご相談下さい。


 




 

家族信託の仕組み

 

家族信託の仕組み家族信託には「委託者」「受託者」「受益者」の3者が登場します。例えば、名古屋近郊で不動産の大家さんをしているAさんは、70代になり、そろそろ財産や土地・家の相続対策について考えていて、息子さんに財産管理を引き継ぎたいとします。

○「委託者(いたくしゃ)」(Aさん)
⇒財産を持っていて信頼する家族に管理・処分を託す人

○「受託者(じゅたくしゃ)」(息子さん)
⇒Aさんから任された財産の管理・処分を実行する人 

○「受益者(じゅえきしゃ)」(Aさんや他の家族など)
⇒Aさんの財産による利益を受け取る人 (不動産の家賃収入・毎月の生活費・預金の利息・家の売却金など。受益者は、他の家族何人でも設定可能。)

Aさんは、ご自身の財産の管理を「誰に」「いつから」「どんな目的(ルール)」で任せるのかをあらかじめ決め、それを契約によって実行してもらえるようにすることができます。従来の相続対策とは異なり、財産の贈与ではなく「管理・処分の権限」をご家族に移すだけなので、贈与税もかかりません。

具体的には、信託を利用することで、委託者であるAさんから、受託者である息子さんに財産の管理・処分の権利(財産の名義)が移るので、何かあった時でも、Aさんの生活費のために息子さんが預金を引き出したり、実家を売却したりすることができるようになります。


また、より確実かつスムーズに信託を実行するために、オプションとして「信託監督人」や「受益者代理人」を設定することもできます。信託監督人・受益者代理人は、家族・親族以外に専門家(司法書士・弁護士)に依頼することも可能です。

信託監督人(しんたくかんとくにん)」⇒設定された信託内容を受託者が正しく行われているかを監督する人

受益者代理人(じゅえきしゃだいりにん)」⇒受益者を監督する権利をもち、さらに受益者の権利も代理することができる人。
 
出張相談も万全で対応できる栄ガスビル4階の相続あんしんサロンにご相談下さい。
電話無料相談もお気軽に。

 

家族信託で解決できる事例



認知症になったときの資産凍結リスクを回避したい

認知症になり判断力に問題が生じると、銀行で預金を下ろしたり、家族に代理を依頼することができなくなります。契約行為ができないため、ご自身の不動産を売却して、施設への入所費用や生活費などに充てることもできなくなります(大規模修繕や建て替えも不可)。

この場合、従来ですと成年後見制度を利用することになりますが、ご家族の手間や負担、制約が多く、思い通りの財産管理ができないことがほとんどです。相続税の節税対策として不動産を積極的に運用することなどもできなくなります。



先祖代々の土地が他家に渡るのを防ぎたい

家族信託の大きな特徴の一つに、相続の先の設定までできる点があります。例えば、ご夫婦にお子さんがいらっしゃらなかった場合、ご自身が亡くなった後は奥様に土地を相続させ(一次相続)、奥様が亡くなった後はご自身の兄弟や親族にその土地を戻す(二次相続)といった設定が可能なのです。

同じように、遺言では二次相続の指定まではできませんが、信託ではそれが行えるため、特定の人に遺産が渡るのを防ぐことも可能です。

  

遺言などによる従来の相続

 
  
家族信託を利用した場合
 
 
自分が亡くなった後の、障がいのある子どもの生活を保障したい

障がいのあるお子さんがいる場合、ご自身が亡くなった後のお子さんの生活が不安だと思います。家族信託であれば、ご家族の別の方に遺産の管理を託し、毎月一定額をお子さんに生活費として渡してもらうような設定をすることができます。また、そのお子さんが亡くなられた後の財産の行き先を決めることもできます。

 
会社の経営権を自分に残したまま、事業承継を進めたい

代表取締役の座を我が子に継いでもらいたいと考えたとき、従来であれば株ごと譲渡することになるため、その後は経営方針に意見を通すことが実質的にできなくなります。一方、信託であれば、株式を子どもに信託財産として託し、「経営権」はご自身に残すことができます。株の贈与税もかからないと言われています。

さらに、後継者であるお子さんの経営方針が相応しくないものだった場合、信託契約を終了することで株式・経営権共に戻すことも可能です。



認知症になったり亡くなった後も、孫に財産を残したい

贈与税がかからずに孫へ財産を渡すには、「教育資金として」という名目が必要になります。その場合、一括1,500万円までは非課税となります。もし認知症になってしまったら、いずれ渡すつもりで口約束までしていたとしても、成年後見制度の下では、お孫さんに教育資金・大学資金を渡せずじまいになってしまいます。

その点、信託で受益者をお孫さんに設定すれば、ご自身(委託者)が認知症を患ったり亡くなったとしても、円滑に教育資金を渡すことができます。
  
 

費用・料金はこちら >>>
生前対策としての生前贈与はこちら >>>
生前対策としての遺言作成はこちら >>>

何でも電話無料相談はこちら >>>
 

 

家族信託で気を付ける2つのポイント

 

家族信託は、デメリットがなく、委託者本人の希望が叶いやすい使い勝手の良い仕組みですが、まだ新しい制度でもあるため、以下のような点に注意する必要があります。

「受託者の暴走」を未然に防ぐ

信頼している家族といっても、委託者の願い通りにはいかないこともあります。受託者が「管理しない・横領した」というケースもやはりあるのです。いわゆる「受託者の暴走」を防ぐためには、事前の対策が必要になります。あらかじめ信託内容に「受託者の権限行動を制限する項目」などを入れ、話し合いによって事前に予防策を決めておくとよいでしょう。

歴史が浅く利用者もまだ少ないため、不明確な点がある

所長家族信託は、2007年の信託法改正によって大きく変更されたことを契機に、利用者が増え始めました。とは言え、まだまだ一般的には知られておらず、事例も少ないために税金面や法律面から不明確な点があります。例えば、相続の際の遺留分減殺請求をされた場合、信託とどちらが優勢になるのかなど、はっきりとした判例などがでていないのです。

こうした懸念点はあるものの、家族のための信託ですので、ご家族の理解を深めつつ、トラブルが起きにくい信託内容にするため、実務経験のある専門職のサポートを受けながら、信託内容を作成すると安心です。ご不明な点は何なりとご相談下さい。

 

家族信託のよくある質問

家族信託の契約はどうやって証明するの?
A . 法律的には契約書は必須ではありませんが、銀行手続き、土地売却手続きなど、証明するものがなければスムーズに実行できない場合がほとんどです。また、相続のときのトラブルを避けるためにも契約書を作り、公正証書で証明できるようにしておくと安心です。

  

受益者は何人まで指定できるの?
A. 受益者の設定は何人でもできます。委託者ご本人の他に、お孫さんや他のご家族を何人でも受益者として設定できます。


  
信託銀行と家族信託との違いは?
A. 財産信託は信託銀行でもできますが、家族のための信託との違いは「営利目的である」ことです。この場合、信託銀行が財産管理を請け負う「受託者」となり、管理費用として報酬を受け取ります。通常、信託銀行への報酬は100万円以上となってきます。


認知症を発症後だと、家族信託はできないの?
A. 絶対にできない、という訳ではありませんが、できるケースは非常に稀です。委託者が契約内容を十分判断・理解できる状況でなければ、契約行為自体が行えないからです。


伊藤
 
家族のための信託は確かに使い勝手がよく、きちんと設計すればメリットの多い制度です。ですが、その設計を間違えれば、そののせいで争いが起きてしまったり、余計な手間や損失を被ってしまったりすることにもなりかねません。

ご自身やご家族が本当に安心して幸せに暮らしていくためにも、相続や家族のための信託に精通した実績豊富な名古屋栄【 ガスビル4階 】の相続あんしんサロンにご相談ください。相続あんしんサロンでは開所以来、いかに「円満に」「穏便に」解決できるかにこだわってサポートをしております。

また、家族信託に関するサポートは、世間相場が非常に高額になりやすい性質のものですが、相続あんしんサロンであれば、その半分から3分の1程度の報酬(※概算お目安)で、より安くお値打ちな料金・費用でご依頼していただくことができるでしょう。
 

料金・費用はこちら >>>
何でも電話無料相談はこちら >>>

遺言に
よる生前対策はこちら ›››
生前贈与による生前対策はこちら ›››



無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター