遺産分割協議

Q.相続人の中に未成年者がいる場合、どうすれば良いですか?

A.家庭裁判所に選任された「特別代理人」が協議を行うことになります。

未成年者の子と親権者がともに相続人になる場合、その親権者は子を代理して遺産分割協議をすることはできません。未成年者について家庭裁判所に「特別代理人」選任の申立てを行い、選任された特別代理人と協議を行うことになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター