生前贈与

【相続・名古屋】早めの生前対策のすすめ

名古屋の相続あんしんセンターより、
早めの生前対策のすすめについてのご案内です。



今回は「早めの相続対策のすすめ」について確認してみましょう。

相続税の生前対策には、不動産の売買や、賃貸借、
生命保険への加入や、遺言等、様々な方法があります。

しかし最近よくあるケースとして、
財産をお持ちの方が認知症になられているケースがあります。

医師から診断を受け、意思能力が低下又は無くなっている様ですと、
その行った法律行為がのちのち無効とされてしまうことがあるのです。

こういった方のために後見制度がありますが、
あくまでも後見制度は日常の意思決定を援助するものです。

重大な法律行為は家庭裁判所の審査を必要としますので、
確実に対策をしていくことが難しくなります。

対策が必要な状況が少しでも予想されるのであれば、
早めに専門家に相談し、ある程度の方針を決めていくことをおすすめします。

生前対策について、その他ご不明点やご質問事項ございましたら、
名古屋で相続に強い専門家、相続あんしんセンターへお任せ下さい。

名古屋|中日ビル8階にてお待ちしております。

相続全般のおまかせサポートの費用、料金はこちらでご確認下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

【名古屋・相続税】相続の対策としての生前贈与を成立させるポイント

名古屋の相続あんしんセンターより、
名古屋のお客様に生前贈与を成立させるポイントについてのご案内です。



前回、相続税が発生した場合の生前贈与の注意点について確認しました。
今回は生前贈与を成立させるポイントについて確認しましょう。

贈与はあげる側、もらう側双方の合意が原則です。
例えば、親が勝手に子ども名義の口座に振り込んでも、
贈与とは認められず、名義預金として税務調査の対象になる可能性があります。

よって、親子の間に合意があるということを客観的に示すために、
書面で贈与契約書を結んでおくことが効果的です。

当然ですが、亡くなった方の「贈与します」という意思は
亡くなった後には確認することができません。
第三者にも確実にその証拠をのこすために必要になってくるということですね。

他にも、実際に贈与した財産を受け取った側がきちんと管理することも大切です。

例えば、預金の場合、お子様名義の預金であっても、
口座の通帳やカード、印鑑は親が管理していた場合、
それは親のものであると判断されます。

その状況で贈与が成立している、と主張しても説得力が無いですよね。

以上より、贈与は相続税のために小手先で体裁を整えても、
実体がともなっていなければ認められないということがわかります。

相続税や生前贈与については、難解な事が多々ありますので、
名古屋で相続税に強い税理士や相続の専門家、相続あんしんセンターにお任せ下さい。

名古屋|中日ビル8階にてお待ちしております。

相続のサポートの料金・費用関係はこちらをご確認下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

【相続・名古屋】相続税が発生した場合の生前贈与における注意点

名古屋のお客様に相続税が発生する場合の生前贈与についてのご案内です。



年間110万円を超える贈与があった場合には、
財産を受け取った人は高い税率の贈与税を支払う必要があります。

そして相続税の対策のために、
亡くなる前に慌てて生前贈与を行った場合でも、
相続開始前3年以内に贈与されたものについては、
全て相続税申告の際に加算して申告しなければならないことになっています。

慌てて生前贈与で対策をしても意味がなくなってしまうということですね。

また、相続税の税務調査において、
指摘が多い事項のひとつがこの生前贈与です。

贈与税の時効は、申告期限から5年で、
悪質な場合には7年となっています。

このため、相続開始前7年以内に生前贈与がなかったかどうかを徹底的に調べられます。

よって、贈与して申告漏れがあっても、
相続税の税務調査時に発覚することが多いのです。

相続税を納めた人のうち、3割に税務調査がくると言われています。

申告をしなくても、
見つからないと考えている方は要注意です。

相続税や生前贈与については、難解な事が多々ありますので、
名古屋で相続税に強い税理士や相続の専門家、相続あんしんセンターにお任せ下さい。

名古屋|中日ビル8階にてお待ちしております。

相続のサポートの料金・費用関係はこちらをご確認下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

【生前贈与】相続時清算課税制度は将来の見極めが大切

使い方次第で非常に効果的な
「相続時精算課税制度」ですが、もちろん良い点ばかりではありません。

今回はそんな特例の気をつけるべき注意点を確認します。



①生前贈与した財産が値下がりした場合

この特例は名前の通り、相続が発生した際に
生前贈与した財産を持ちこして相続税を計算しますが、
その持ち越す額は相続時の時価ではなく、「贈与時の時価」となります。

例えば、評価2500万円の土地をこの特例で贈与したとして、
相続時には地価が暴落して1000万円になっていたような場合でも、
2500万円の評価として相続税を計算しなければなりません。


②贈与税の110万円控除を使えなくなる

一時的な資金の贈与には効果的なこの特例ですが、
毎年の110万円の控除は使えなくなるので、注意が必要です。


③親よりも先に子が死亡した場合

親よりも子が先に死亡した場合、
親が亡くなった時に相続人になるのは孫です。

しかし、この特例は自動的に孫に承継されてしまうのです。

仮に特例で譲り受けた財産をほとんど費消していた場合には、
孫は財産をもらっていないにもかかわらず、
相続税の納税をしなくてはならない可能性が出てしまいます。

上記の様に、この特例が最適かどうかはケースバイケースです。
しっかりとした展望での見極めが大切ということがわかりますね。

何をどうしたら良いのか、そんな疑問にも丁寧にご対応致しますので、
名古屋中日ビル8階相続あんしんセンターまでお問い合わせください。

相続お手続きの個別のサポート費用も明確であんしんです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

事業承継対策に関するポイント

名古屋にお住まいの方へ相続・相続手続きについてのご案内です。





相続についての問題はたくさんありますが、
その中でも事業をやられている方、承継問題ということは頭の痛い問題です。

中小企業のほとんどは、株式を公開していない
「非公開会社」と呼ばれる形態に該当します。

これらの会社は上場会社と比較して自社株式の評価が高くなる傾向があります。

相続が発生した際にこうした株式が高く評価されてしまうと、
多額の相続税がかかってきて、資金繰りに無駄な労力を割かれる心配があります。

まず、事業承継を検討するにあたり、後継者の決定は先決事項です。
自社株を移転するにもその移転先が決まってないとどうすることもできません。

そして、ほとんどの中小企業の場合、
事業の承継=その会社の株主になることがほとんどです。

ここでのポイントは、会社経営をスムーズにするために少なくとも過半数
又は、株主総会の特別決議(重要事項の決定に必要な決議)
に必要な総株主の3分の2以上の株式の承継が理想です。

そして、肝心の事業承継策ですが、
代表的なものは以下の通りです。

①後継者への自社株の早期移転
 オーナー社長の持ち株比率を下げるため、生前贈与や持株会の設立

②株式の評価額の引き下げ
 分社化や死亡退職金の利用、資産の売却等 

③納税資金の準備
 金庫株や死亡退職金、又は上場の検討

上記のような方法を検討して、
計画的な対応をしていきましょう。

ご参考として当事務所の生前贈与のページもご参考下さい。

ご心配事項等ありましたら、一度相続の専門家にお問い合わせ下さい。

名古屋の相続・相続手続きの相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターです。

相続についての料金、費用はこちらからどうぞ。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

カレンダー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター