遺言

Q.見つかった遺言書の記載から漏れている財産はどうなるの?

A. 正しい形式で書かれた遺言の場合、それ自体の効力は有効ですので、遺言に記された財産は原則その通りに相続されます。

一方、遺言から漏れた相続財産については、被相続人が意思表示をしていないため、法定相続の対象となります。そのため、法定相続人の間で遺産分割協議を行い、その分配方法を決めていきます。
遺産分割協議について>


遺言の大きな役割の一つに、「遺産を巡って親族間で争いが起きることを防ぐ」というものがありますが、このように遺言から漏れた財産が出てきてしまうと、結局「争いの種」を残すことになってしまいます。
そうならないためにも、遺言には「その他の一切の財産は○○に相続させる」と明記しておくと良いでしょう。
遺言について>


このエントリーをはてなブックマークに追加


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター