遺産分割協議

大府市・東海市で相続相談【遺産分割協議・相続手続き】

大府市・東海市エリアのお客様へ相続登記のご案内です。
大府市・東海市エリアの相続手続き・遺産分割協議等の相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

お電話での無料相談もおすすめです。

特別なケースの遺産分割協議について新聞記事を見かけたので、
今回はそういった内容について確認してみましょう。

父の隠し子が死後に認知された場合、どうすればよいでしょうか?

結論、、、、

遺産分割協議が終了してしまったあとに認知された子が
現れた場合、その認知された子は価額のみによる支払請求ができるだけです。

民法の規定によると、
相続の開始後、認知により相続人となった者が遺産の分割を請求する場合において、
他の共同相続人がすでに分割その他の処分をしていたときは、価額のみによる支払請求権を有するとされています。

つまり、新たに相続人となった者は、
その相続分に応じた金銭の支払いを他の共同相続人に対して
行うことができるのみであるのです。

ここで重要なのが、
遺産分割協議をもう一度やり直すという必要はない

ということです。

遺産分割の特別なケースに至っては専門の知識が必要になってくる場合もありますので、
ご不明な点があれば、専門家にお問い合わせください。

大府市・東海市エリアの相続手続き・遺産分割協議等の相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約

このエントリーをはてなブックマークに追加


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター