遺産分割協議

相続トラブルの典型例【遺産分割・共有名義】

今回は揉めないための遺産分割について確認していきます。
何から相続手続きを始めて良いのか、という状況の方にもおすすめです。



不動産の共有名義は便利なものの、
相続が絡むとデメリットが非常に大きくなります。

一旦相続が始まってしまい、遺産分割がまとまらない、または、ひとまず法定相続分で
共有名義の登記をうっておくなどの様な場合、権利関係が複雑になってしまいますので、
生前からしっかりと準備しておくことが必要です。

共有名義とはひとつの不動産を複数の共有者が持ちあう状態で、
各々が持分の割合で全体の所有権を持つということです。
ひとつの不動産の「どこの部分を所有する」ということではありません。

しかし、共有名義には、

①全ての共有者の同意がなければ売却ができない
②共有者の1人が死亡したことでそこから更に共有者が増えてしまう

といった明確なデメリットがあります。

その場合、

・土地を分筆し、各人がそれぞれを単独所有にする
・土地を全員で売却し、代金を持分で分ける
・共有名義人の一人が他の共有者に自己持分を譲って、代償として財産を受ける
・複数の不動産を持っている場合はそれぞれ交換して、単独所有にする

等の対策が考えられます。

このように、共有状態の解消方法は複数あり、
ケースバイケースで対応していくこととなります。

共有名義人が増えるということは、新たな意見を持つ人が増えるということであり、
自分の家族は大丈夫と思っていても思わぬ横槍が入ってしまうこともあり得るのです。

つまり、相続が生じた際の遺産分割の場面において、不動産を相続人間で共有することは
直系の筋で無い限り、要慎重に検討しなければなりませんね。

遺産分割協議
事前の対策の重要さがわかりますね。


もちろん各家庭によって最適な方法も変わってきます。
名古屋|中日ビル8階の相続に強い専門家相続あんしんセンターにお任せ下さい。

相続についての総合的なサポートの料金、費用もリーズナブルであんしんです。




このエントリーをはてなブックマークに追加


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター