不動産の相続

相続登記に必要な戸籍について【相続・名古屋】

栄ガスビル4階|名古屋の相続あんしんサロンから、
相続登記の際の必要書類についてのご案内です。

ご質問事項がある方、ご不明点がある方は
当事務所で相続全てのお悩みについてご対応可能でございますので、ご利用下さいませ。

今回は相続登記に関連して、
被相続人(亡くなった方)の出生からの戸籍は何歳からのものが必要なのか確認します。

相続登記においては、被相続人がお生まれになってから亡くなるまでの
戸籍の添付が必要とされています。
他に相続人として誰がいるのか(具体的にはお子さんがいるかどうか等)
を確認するためですね。

その意味合いから考えると、生殖能力が備わる年齢以降の戸籍があれば足りそうです。

実際登記研究(登記に関する専門誌で法務省が編集に加わっているもの)には以下の通り、
「相続人の身分を証する書面として、
 被相続人が15,16歳の時代からの事項の記載のある戸籍及び除籍謄本が必要」
とされております。

しかし、実務上はおおよそ12~13歳程度からの戸籍が必要とされています。
また、名古屋法務局管内では、12歳以上の戸籍が必要であるという統一見解を持っているとのことで、
少なくとも12歳前後であればその周辺の戸籍は収集して間違いがないということです。

以上の様に戸籍の収集には、難解なケースがあります。
専門家で一度しっかりと確認することがおすすめです。

名古屋で相続登記についてのご相談なら、
相続に強い専門家相続あんしんサロンにお任せ下さい。

名古屋|栄ガスビル4階にてお待ちしております。

相続登記についてのおまかせサポートの料金・費用関係はこちらをご確認下さい。




このエントリーをはてなブックマークに追加


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター