遺言

名古屋市で遺言による相続登記【遺言・生前贈与】

名古屋市のお客様へ遺言・生前贈与についてのご案内です。
名古屋市の遺言・生前贈与の法律相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

相続の無料電話相談もおすすめです。

前回、相続が発生し、遺言が発見された場合、
開封手続や検認手続が必要であるとご紹介しました。

その中で、パソコン打ちされた遺言書のように
一見無効な自筆証書遺言が発見された場合、
どのようにすればよいのでしょうか?

結論から申し上げますと、

全ての遺言書に検認手続は必要です。

民法には、遺言書には検認手続が必要であると
義務付けており、公正証書遺言についてのみ
検認を要しないとされています。

よって形式面で遺言書と題されている以上、
有効無効を問わず、全て検認申立てをしなければなりません。

何よりも、遺言書そのものの存在を
関係者に知らせるということが大切ということです。

自分の知らないところで遺言書はあったけど、
形式不備があったから関係ない、
と言われるのはおかしいということですね。

法律関係のご相談に関しては複雑な点も多々ありますので、
もし、ご不明な点がありましたら、お気軽に専門家までご相談下さい。

名古屋エリアの遺言・生前贈与の相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約

このエントリーをはてなブックマークに追加


※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター