遺産分割協議

名古屋市で遺産分割協議による相続登記【遺産分割・遺言】

名古屋市のお客様へ遺産分割・遺言についてのご案内です。
名古屋市の遺産分割・遺言についての法律相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

相続の無料電話相談もおすすめです。

前回は遺留分についてのご説明でしたが、
今回は相続に関連して、遺産の範囲の確定について確認しましょう。

相続が発生すると被相続人(亡くなった方)が、相続開始時に有していた
財産的権利義務すなわち遺産は全て相続の対象となり、
相続の開始により、相続人に承継されます。

ではどこまでがその遺産の範囲に含まれるのか、
遺産分割協議ではどのような点を決めていけばいいのか、
その中で、実務で問題になる点について確認してみましょう。


・不動産・・・・・土地や建物である不動産が
         遺産分割の対象財産となることについては問題ありません。

・現金・・・・・・・遺産たる現金は遺産分割の対象となります。
         分割することも物理的には簡単ですから当然ですね。

・預貯金・・・・・預貯金等の金銭債権は、協議を待つまでもなく、
         相続開始の時点で当然分割され、各相続人に帰属するとしています。
         しかし、実務においては、相続人間での分割協議で分ける事が可能なので、
         そのような形になることが多いです。

・投資信託・・・一概にはいえずに、投資信託の商品内容そのものの検討が必要です。
         
・ゴルフ会員権・・これも会員権の内容にはよりますが、
            会則として相続性を肯定するものであれば相続され、
            そうでないものであれば相続の対象とはならないという違い等があります。

以上、簡単な項目について確認しましたが、
とにかく相続が発生した際はどのような遺産があるかしっかりと
確認することがまず重要になってきますので、ご留意ください。   

法律関係のご相談に関しては複雑な点も多々ありますので、
もし、ご不明な点がありましたら、お気軽に専門家までご相談下さい。

名古屋エリアの遺産分割・遺言の相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターがおすすめです。

無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約

このエントリーをはてなブックマークに追加


※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター