遺言関連

遺言・相続手続き【弥富市・あま市で相続相談】

弥富市・あま市エリアにお住まいのお客様へ相続手続き・相続相談・遺言についてのご案内です。

弥富市・あま市の相続手続き・相続相談・遺言の相続相談なら、
名古屋栄中日ビル8階の相続あんしんセンターです。

相続の 無料電話相談 052-269-4010 もおすすめです。

「遺言」の書き方について紹介しましょう。

「遺言」には以下の方式があり、それぞれにメリットデメリットがあります。

①【公正証書遺言】
②【自筆証書遺言】
③【秘密証書遺言】


このうち、よく使われる①②について説明します。

①【公正証書遺言】

「公証人」によって作成される遺言です。
遺言作成を希望している人から遺言の内容を聴取して、「公正証書」という形式で遺言書を作成します。
具体的には、遺言を残す人が公証役場へ行き、公証人と証人2人が立ち会いのもとで遺言を作成します。
この方式のメリットは、

・専門家といっしょに遺言を作成するため、遺言が無効とされる可能性がとても低いこと
・原本を「公証人役場」に保管してくれるため、偽造や変造の危険がないこと

デメリットは、
・費用がかかること
・時間がかかること

が挙げられます。

②【自筆証書遺言】

遺言者が日付及び氏名を自書し、これに押印するという方式です。
この方式のメリットは、

・いつでも自分が好きな時に書けばよいこと
・費用がかからないこと

デメリットは、

・検認手続(死亡後に家庭裁判所で相続人立ち会いのもと、遺言書の偽造・変造を防止する手続き)の必要があること
・不備がある内容、書き方になりやすく、遺言が「無効」となってしまうリスクがあること

が挙げられます。

例えば、パソコンで作成した自筆証書遺言は自筆でないため「無効」となります。
また、日付を「平成25年1月吉日」とした場合にも日付を特定できないため「無効」となります。

相続の際、お持ちいただいた「自筆証書遺言」が無効であるケースは多々あります。
「遺言」が無効になってしまうリスクや、偽造・変造の可能性等考えると、「公正証書遺言」の方が「安全でより確実な遺言」であり、お勧めと言えます。


遺言・生前対策でお困りの際はお気軽にご連絡ください。

弥富市・あま市にお住まいの方の相続手続き・相続相談・遺産分割なら、
信頼と実績の相続あんしんセンターにお任せ下さい。


無料法律相談 → 相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 → 相続あんしんセンター面談相談予約





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE

カレンダー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター