遺言関連

遺言で権利侵害できない遺留分についての対策【名古屋・相続】

名古屋のお客様に遺留分が問題になる場合の遺言についてのご案内です。



遺言書を遺したとしても、権利が侵害できない
遺留分はトラブルの原因になることが多いものです。

実は、これは相続が始まる前に「生前放棄」ができるので、
事前の対策によって、相続後の争いの芽を摘むことができるのです。

将来相続人になる複数の子がいる場合には、
誰か特定の子に財産を渡したいと思い遺言しても、
侵害することのできない権利の遺留分の問題があります。

仮に遺留分を侵害するような遺言を作成してしまった場合には、
遺言の存在が相続人間の争いの種となってしまうことは珍しくありません。

そこで上述の通り、遺留分については生前に放棄ができるので、
それをしてもらうために何らかのメリットを用意するのです。

例えば、遺言によって相続させる相続人以外の相続人に対して、
生命保険に加入してその受取人をその相続人に指定することで、
遺留分の放棄を提案するのです。

このように生命保険の活用と親族間の語りかけによって、
相続人間の仲を悪くさせることなく、円満に進めていくという方法です。

その他にも各ご家庭にあった解決方法がありますので、
名古屋で遺言に強い専門家、相続あんしんセンターにお任せ下さい。

名古屋|中日ビル8階にてお待ちしております。

遺言についての個別サポートの料金・費用関係はこちらをご確認下さい。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE

カレンダー

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター