遺産分割・対策

介護が関わる相続の問題点

名古屋にお住まいの方へ相続・相続手続きについてのご案内です。




相続の形態は社会の多様化が進むにつれ、
同様に多様化が進んでおります。

以前のように家を継ぐ長男のみに全てを相続させる、
という様な方法ではなく、お世話になった相続人に多くの財産を遺言で相続させたり、
代償金を支払って平等感を持たせた相続をしたりと、
それぞれの家庭に対して様々なパターンがあります。

そんな中で、「介護」が関わる相続について問題点を確認していきましょう。

例えば亡くなった父親の介護について、
介護をした相続人と介護をしていない相続人がいる場合や、
叔母等の相続人ではないが同居の親族が積極的に介護をしてくれた場合
法律通りに財産をわけるだけでは不平等感は否めません。

あえて厳しい事を申し上げるなら、子どもが必ず親の面倒をみるとは限りませんし、
経済的、家庭的な事情から介護をする人が限定的になるケースもございます。

そのような場合、何らかの対策を取っておかないと、
後々面倒なことになるケースがあるのです。

おおまかな対策としては、

①遺言書の作成をする
②養子縁組をする
③死因贈与契約をする

という様なことが挙げられます。

事前に財産について相続させる、又はあげる人を決めておく事や、
相続人としての地位を取得させる事のように、それぞれのケースにあった対応が可能です。

当事務所の生前贈与の記事もご参考下さい。
ご心配事項等ありましたら、一度相続の専門家にお問い合わせ下さい。

名古屋の相続・相続手続きの相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターです。

相続お手続きについての費用はこちらをご確認下さい。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター