相続放棄(借金相続)

相続放棄のご相談【名古屋で相続相談】

名古屋市にお住まいの方へ相続放棄、相続相談のご案内です。

名古屋市で相続放棄、相続相談の相続相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターにお任せ下さい。

無料電話相談もご活用ください。



今回は、相続財産の処分について確認してみましょう。

相続人が処分行為をしたということは、
その相続財産を自分のものとするという意思があると推察できます。

よって相続放棄をすることができなくなる、ということでしたね。

具体的な事例として、、、

相続人が被相続人を被保険者とする傷害保険金の請求受領をしたこと
及びその保険金をもって相続債務の一部弁済をしたことは、
保険金が相続人の固有財産であり、相続財産の処分にはあたらないとした判例があります。

しかし、保険金による相続債務の弁済については、弁済原資が相続財産でなくても相続債権者等に
相続が承認されたとの信頼を抱かせる行為として、相続財産の処分に該当するとの考えもあります。

よって、保険金について
相続財産の処分とみなされる場合もあるということを念頭に入れて、

自らの場合はどうなるか

ということを事前に確認することが大切であるということがわかりますね。

ご不安がある場合は、相続に強い専門家に早めに相談して、
スムーズに手続きに入る事がおすすめです。

相続関係につきましては事前の対策で
後の手続きが円滑になるケースがありますので、
しっかりと状況を把握して、よりいい方法を選択できると良いですね。

名古屋市の相続放棄、相続相談の相続相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターです。

お気軽にお問い合わせください。



無料法律相談 →  相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 →  相続あんしんセンター面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

相続放棄のご相談・名古屋【名古屋で相続手続き】

名古屋市にお住まいの方へ相続放棄、相続相談のご案内です。

名古屋市で相続放棄、相続相談の相続相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターにお任せ下さい。

無料電話相談もご活用ください。



今回は、相続放棄をする前に絶対すべきこと

について確認してみましょう。

損しないために、相続放棄の前には
相続財産を全て把握すること、が必要不可欠です。

プラスの財産とマイナスの財産がどれだけあるのかを把握しなければなりません。

プラスの財産が多い場合には放棄する必要はありませんし、
逆にマイナスの財産が多い場合には、放棄の検討に入る必要性があります。

しかし、ここでその判断をするために相続財産の把握、が必要になってきます。

ここで、財産の把握について難しいポイントとされているのが、

・不動産の価格がどれくらいなのか判定できない

・名義預金(親族に名義を借りて預金している預金)があると財産が変動してしまう

・何が相続財産にあてはまるのか理解していないとあとから財産が変動するおそれがある

といった点です。

上記の様に、ある程度の経験や知識を必要とされますので、
さまざまな財産がある場合、全てを把握しきるということは非常に難しいことなのです。

しかし、この相続財産の把握は全ての手続きの基礎になってくるいわば土台の部分ですので、
ここの把握をおろそかにしてはいけないのです。

ご不安がある場合は、相続に強い専門家に早めに相談して、
スムーズに手続きに入る事がおすすめです。

相続関係につきましては事前の対策で
後の手続きが円滑になるケースがありますので、
しっかりと状況を把握して、よりいい方法を選択できると良いですね。

名古屋市の相続放棄、相続相談の相続相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターです。

お気軽にお問い合わせください。



無料法律相談 →  相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 →  相続あんしんセンター面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

相続放棄のご相談【名古屋で相続相談】

名古屋市にお住まいの方へ相続放棄、相続相談のご案内です。

名古屋市で相続放棄、相続相談の相続相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターにお任せ下さい。

無料電話相談もご活用ください。



前回より相続放棄をテーマとしておりますが、

今回は相続放棄についてよくある質問を確認してみましょう。

・親族に相続放棄を反対されていますができますか?

他の親族が反対していても、相続放棄を申し立てること自体は可能です。

しかし、相続放棄を申し立てると、何らかの形で他の親族へ影響が及ぶことがあります。

その影響は、相続の割合が変わることであったり、
本来は相続人でなかった方が繰り上がって相続人になったりすることです。

そういった点を考えて、相続放棄を申し立てるかどうかは、
その方自身が考えるべきことですので、
他の相続人の反対によって、相続放棄が出来ないということはありません。


相続放棄すると戸籍に載りますか?

相続放棄をしても、戸籍には何の記載もされません。

相続放棄をしているかどうかは、
裁判所へ照会をすることで、確認が可能ですが、
相続人や、債権者などの利害関係人に限られます。


先順位の相続人が相続放棄をしたかどうか調べることはできますか?

ご自身より先順位の相続人の相続放棄の有無を調査することは可能です。

上記の通り、利害関係があるから調査することができるということですね。

このように、他の相続人の動向により、
ご自身が相続人になる可能性がある場合には、
先順位の相続人が相続放棄を行ったかどうかを調べることが可能です。

相続関係につきましては事前の対策で
後の手続きがかなりスムーズになるケースがありますので、
しっかりと状況を把握して、よりいい方法を選択できると良いですね。

名古屋市の相続放棄、相続相談の相続相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターです。

お気軽にお問い合わせください。



無料法律相談 →  相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 →  相続あんしんセンター面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

相続放棄のご相談・名古屋【名古屋で相続手続き】

名古屋市にお住まいの方へ相続手続き、相続放棄のご案内です。

名古屋市で相続手続き・相続放棄の相続相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターにお任せ下さい。

無料電話相談もご活用ください。



前回より相続放棄をテーマとしておりますが、

今回は相続放棄の効力について具体例をまじえて確認していきましょう。

相続放棄をすると、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされます。

この効力は絶対的で、例えば、放棄した者に関しては
代襲相続(相続の開始よりも前に相続人が死亡している場合に、
その相続人の子供が代わりに相続人となるという制度)も発生しません。

他にも、兄が弟の養子になった場合、先順位である養子の立場で放棄した場合、
後順位相続人(弟の立場)として相続を承認できるか、といった問題があります。

ここでも、先順位での放棄(上記の例では養子の立場での放棄)は、
後順位での相続(弟の立場での相続)も放棄したこととなります。

一旦放棄という意思を表明した以上、
他の立場であろうとも相続に関係することは認められないということがわかりますね。

また、一度相続放棄が受理されますと、
脅迫や詐欺のような特別な理由がない限り、
放棄を撤回することはできないので、注意が必要です。

要するに、相続放棄はかなり「効力の強い」選択である、
というイメージを持つことが大切であるということがわかりますね。

相続関係につきましては事前の対策で
後の手続きがかなりスムーズになるケースがありますので、
しっかりと状況を把握して、よりいい方法を選択できると良いですね。

名古屋市の相続手続き・相続放棄の相続相談なら、
名古屋市中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターです。

お気軽にお問い合わせください。



無料法律相談 →  相続あんしんセンター無料電話相談
ご来所型相談 →  相続あんしんセンター面談相談予約
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター