相続放棄(借金相続)

【名古屋・相続】中日ビル8階の相続あんしんセンターで相続放棄の手続き

昨今は社会の多様化、核家族化が進み、
親族間のつながりも以前と比較して希薄化していっています。



そんな中で認知症の妻の相続放棄をするにはどうしたらいいか?
今回はこのテーマについて確認していきましょう。

ある事例を挙げます。

妻の認知症が進行しており、妻の弟が多額の借金を抱えて亡くなりました。
妻は相続人なので、そのまま承認すると借金を相続することになってしまいます。
そこで、相続放棄をしていく方針となりました。

この場合、認知症の進行度合いにもよりますが、
後見開始の申し立てや、保佐開始の申し立てをしていくこととなります。

そうすると、家庭裁判所により選任された、
成年後見人や保佐人によって、財産管理が行われることとなるのです。

その財産管理の中に当然相続放棄も含まれていますので、
成年後見人や保佐人がその手続きをしていくことが可能となります。

以上の様に、手詰まりな状況になっても、
何らかの解決方法や解決の方向性はありますので、
ご心配事項等ありましたら、一度相続の専門家に話を聞いてみて下さい。

まずはお気軽に名古屋の相続あんしんセンターまでお問合せ、ご相談下さい。




料金体系も非常に明確でリーズナブルです。

名古屋で相続放棄の申立てのご相談、ご依頼は、
名古屋|中日ビル8階・相続あんしんセンターをおすすめいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL

相続放棄の手続きは名古屋|中日ビル8階の相続あんしんセンター

今日、家族関係の複雑化から来る次のような相続放棄のご相談が増えています。



(事例)
子供の頃に両親が離婚し、何十年来一切連絡をとっていない父が亡くなったとの連絡が、
市区町村役場(又は疎遠な亡き父の兄弟である叔父叔母)から入った。

ずぅーっと疎遠であったため、また、これを機に親族関係を改める気も、
ゆとりもないため、かかわりを持ちたくなく、関係を絶ちたいので相続放棄をしたい。
というものです。

本来であれば、亡き父の最後の住所を訪れ、故人を弔うとともに、
遺品整理や財産の確認などを行ないたいところですが、なかなかそうもいきません。
 
その大きな理由は以下の2点です。

1.気持ちの部分で、いろいろ幼少期も苦労したし、
  これ以上深くかかわりたくないという心情的理由

2.故人の生活状況も一切わからず、遠方にいるなどの理由から、
  これまでの生活状況や財産状況が全くわからないため、借金があるのではないか、
  どこかの保証人になっているのではないかなどの、
  負債・借金リスクが怖いので、何にせよ相続放棄しておきたいという法律・手続き的理由
 
なお、親子間の相続放棄手続きは、そこまで難しいものではなく、
家庭裁判所に出していく戸籍等の公的証明書関係も複雑多岐にわたることは稀ですが、
一方、いろいろな注意点もあります。

名古屋で相続放棄の申立てのご相談、ご依頼は、
名古屋|中日ビル8階にある相続あんしんセンターをおすすめいたします。

借金・負債リスクのある相続放棄は、相続放棄の専門家に依頼されることが安心で確実です。
まずはお気軽に名古屋の相続あんしんセンターまでお問合せ、ご相談下さい。

料金、費用につきましても、大変リーズナブルです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE | 記事URL


無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター