相続全般

相続or争族どちらが良いか?【生前贈与・遺言】

名古屋にお住まいの方へ相続対策についてのご案内です。

当事務所の無料電話相談もご活用ください。




今回は「相続か争続か」について確認していきましょう。

相続人の当事者間の話し合いで、遺産分割協議がまとまらない場合、
家庭裁判所で調停という手続きをとります。

この調停は年々増加しており、毎年約1万件程度発生しています。
これは第三者を入れないと、結論がでないような骨肉の争いが1万件も起きているという事です。

実際調停までいかなくても、
話し合いでモメるというケースは数の上では出てきませんが、
かなりの数だということは容易に相続できます。

法定の相続分が決められているからこそ、
自分の貢献度に対して見返りが少ないと思う人がいたり、
他の兄弟は色々サポートを受けていたのに不公平だと思う人がいたりと、
その相続の形はまさにケースバイケースで様々です。

この争族が終結した結果は悲しいもので、
家族の間に修復不可能な亀裂が生じ、相続人同士は
「血の繋がった他人」となってしまうのです。

このようにならないために、残された遺族の対応は勿論ですが、
残す側にも責任はあるのです。

将来くる相続の事実をしっかりと確認し、生前贈与遺言
何事も無く進めることができるような対策が必要です。

相続手続きや対策等ご心配事項ありましたら、
名古屋市中区栄中日ビル8階相続あんしんセンターです。

お気軽にお問い合わせください。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター