預貯金等の名義変更

名古屋銀行の預貯金解約・名義変更【名古屋・相続】

名古屋の相続あんしんセンターより、
相続手続き(名古屋銀行の預貯金解約・名義変更)についてのご案内です。




今回は、相続手続きの中から、
【地方銀行】の相続手続き(預金解約・名義変更)についてご案内します。

しかし、一様に地方銀行といってもかなりの数がありますので、
ここでは、【名古屋銀行】のお手続きを例としてご案内します。
(2019.2.19時点)

金融機関の手続きは大きく分けて2段階あります。

1.残高証明・取引履歴の取得(財産調査のため)
2.預金口座の解約又は名義変更

上記1<残高証明書・取引履歴の取得>について

【申請場所】
原則は名古屋銀行の口座をお持ちである口座店でのお手続きが最もスムーズです。
しかし、口座店以外の支店の窓口でも受付してもらうことができます。
その場合、口座店へ取り次ぎして頂くことになりますので、多少時間が余分にかかります。

【必要書類、持参物】
① 被相続人の死亡時の除籍謄本
② 相続人の戸籍謄本
③ 相続人の実印及び印鑑証明書(6か月以内)
④ 残高証明書等の申請書(窓口で頂けます)
⑤ 本人確認書類(免許証等)

※この段階では相続人全員の協力は必要ではありません。
 相続人のお一人のみからの依頼で残高証明は取得が可能です。



上記2<預金口座の解約(又は名義変更)>について

【申請場所】
故人が口座を所有している名古屋銀行の支店以外の窓口でも受付してもらうことができます。
その後、相続センターへ取り次ぎして頂くことになります。
郵送で直接相続センターとやりとりすることも可能です。

【必要書類、持参物】
① 被相続人の出生~死亡までの戸籍謄本・除籍謄本
② 相続人全員の戸籍謄本(1年以内)
③ 相続人全員の印鑑証明書(6か月以内)
④ 口座名義人(故人)の通帳・キャッシュカード等
⑤ 相続手続き依頼書(窓口で頂けます)
⑥ 振込依頼書(窓口で頂けます)
⑦ 遺産分割協議書又は遺言書(※作成していれば)
⑧ 本人確認書類(免許証等)

※注意事項

●各申請書には、取得する相続人の自署・実印での押印の必要があること。

●「遺産分割協議書」において【名古屋銀行】の預金口座及びそれを相続する相続人が
特定されていない場合には、相続人全員の自署・実印での押印が必要となること。
(※遺産分割協議書で特定されている場合は、
  相続する相続人のみの自署・実印での押印で可)

必要書類は、相続の形(例:遺言による相続など)によって少しずつ相違があります。
手続きをされる際は、まずは窓口に行く前に銀行に問い合わせて
必要な書類等を確認をするのが、手間をできるだけ減らすコツです。

相続手続きや預貯金解約・名義変更は、
専門的な書類や用語も多く、とても面倒で煩雑な手続きです。

書類の不備や不足で細かいことで何度も訪問しなければならないことも多くあります。
手間暇やコストを考えた場合、専門家に依頼するのも有効な方法です。

預貯金解約・名義変更でお困りの際はお気軽にご連絡ください。
名古屋|中日ビル8階にてお待ちしております。

相続全般のおまかせサポートの費用、料金はこちらでご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 司法書士事務所 HATTORI LEGAL OFFICE

カレンダー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

無料法律相談窓口 0120-353-810

※ご連絡いただいた個人情報は、ご相談希望者とのご連絡のためのみに利用し、適切な管理・保護に努めます。

  • 離婚相談あんしんセンター
  • 司法書士HATTORI LEGAL OFFICE
  • 債務整理あんしんセンター
  • 登記あんしんセンター
  • 会社あんしんセンター
  • 成年後見あんしんセンター